前田敦子、涙の訴え 「AKBメンバーは2ちゃんねるの心無い書き込みを見て泣いてる」、野村沙知代、ショートプログラム

1 :名無しさん@涙目です。:2017/12/06(水) 21:04:44.81

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Rrp5Ib5.jpg http://img.5ch.net/ico/kokemomo32.gif
あっちゃん「エゴサーチは絶対しない。AKBの頃、2ちゃんねる見て泣いちゃってる子とかいたから」

 女優の前田敦子(26)が5日放送のフジテレビ系ドキュメンタリー番組「セブンルール」(火曜・後11時)に出演。プライベートの素顔をさらけ出した。

 今年8月から3か月間に渡って、同番組のカメラに密着された前田。ネット上で話題になることも多い人気者だが、「ネットは見ないから、それで左右されることは
ない。エゴサーチとかも絶対しない。絶対いやだ。AKBの頃、2ちゃんねるとか見て泣いちゃってる子とかいたから。自分のこと分かって欲しいという所もないし…
」と正直な気持ちを明かした。

 「AKBの時は確かに尖ってました。それは自分が悪いんで…。でも、ネットのウソはウソでしかないので。目の前にいる人が信じてくれれば、それでいい」と話し
た上で「隠し事は信頼している人には絶対しない。家族と事務所には絶対言う。『ちょっと、いいですか〜。好きな人ができました〜』とか、女性スタッフばかりの車
の中で言ったりしました」と続けた。

 また、雑誌のグラビア撮影にもカメラは密着。取材スタッフに「かわいいとか言われ慣れてますよね」と聞かれ、「言われ慣れてないですよ。言われても、うれしく
もなく、可もなく不可もなくですよ」と冷静に答え、「私、外から見られている顔って、すっごく取っつきづらいのかも。全然そんなことないんだけどね」と笑顔で続
けた。
 http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171205-OHT1T50344.html

http://tvcap.info/2017/12/5/vkjg171205-2333090574.jpg
http://tvcap.info/2017/12/5/vkjg171205-2333130441.jpg


VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:—-: EXT was configured
http://tvcap.info/2017/12/5/vkjg171205-2333150810.jpg

続きを読む

発覚のきっかけは2ちゃんねる 東レ不正で面目失った“財界総理”、やり過ぎ╭(´・⊖・`)╮

1 :通り雨 ★:2017/12/06(水) 11:34:24.31 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Q4vK4im.jpg https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171205-00000035-sasahi-bus_all

発覚のきっかけは2ちゃんねる 東レ不正で面目失った“財界総理”〈週刊朝日〉

「自分のひざ元でこうした事態が発生したことは本当に重く受け止めている」

 苦渋の表情で11月29日にこう述べたのは、財界総理とも呼ばれる経団連の榊原定征会長。社長、会長を務め現在相談役の東レにおいて、子会社で製品の品質データ改ざんが発覚した。

 神戸製鋼所や三菱マテリアルでデータ改ざんが相次ぎ、経団連会長として企業倫理や法令順守の徹底を呼びかけていたさなかだった。

 不正は榊原氏が東レの社長在任中の2008年に始まっていたが、榊原氏が知ったのは11月27日という。

 実は東レは16年7月に不正を把握していた。1年4カ月にわたり公表しなかったのに、突然発表したのにはわけがある。匿名掲示板「2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)」に11月3日、「東レのタイヤコード、産業用コードを生産するグループ会社にて顧客に提出する検査データを改ざんしていた」という書き込みがあったのだ。

 書き込みを見た人から問い合わせがあり、報道機関の取材もあって、発表に追い込まれた。日覚昭広社長は28日の会見で、昨年10月に報告を受けていたが、当初は公表するつもりがなかったことを認めている。

「インターネットの掲示板で書き込みがあり、株主などから問い合わせがあった。うわさが広まる前に、正確な内容を説明すべきだと考えた」(日覚氏)

 企業不祥事やコンプライアンスに詳しい郷原信郎弁護士は、こうしたネットを通じた内部告発が広がる可能性を指摘する。

「書き込みが相次ぎ、そのたびに経営トップが謝罪会見に追い込まれる事態になりかねない。データ改ざんは多くの企業で行われていたはずで、安全性や実質的な品質に影響がなければ公表する必要はない。公表によって誤解が生じ、かえって社会に不安と混乱を引き起こす恐れがある。企業が不必要なダメージを受けないためにも、国の主導で集中アンケートなどの対策を検討すべきだ」

 日本のものづくりへの信頼をどう回復するのか、企業だけでなく国の姿勢も問われる。(本誌・多田敏男)

続きを読む

2ちゃんねる、日本テレビ放送網、セ・リーグ DB2-11T[9/28] 福留先制含む2適時打4打点!大和も2適時打・岡崎1発!能見完投阪神CS決定 De井納炎上中継ぎも失点

1 :丁稚ですがφ ★@\(^o^)/:2017/09/28(木) 21:08:15.54 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/0XFp04U.jpg 阪神 0 0 5  1 2 3  0 0 0  11
DeNA 0 0 0  0 0 1  1 0 0   2

バッテリー
DeNA :井納、平田、三嶋、エスコバー、砂田、田中健− 嶺井
阪神 :能見− 岡崎

本塁打
阪神 :岡崎 5回表 2号2ラン
DeNA :梶谷 7回裏 20号ソロ

試合結果:スポーツ報知/yahoo野球
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/results/20170928-01.html
https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2017092804/score

明日の予告先発
   DeNA - 阪神
石田健大    メンドーサ
http://npb.jp/announcement/starter/

続きを読む

Wエンジン、2ちゃんねる、日本のIT業界がストレスフルな理由 「技術レベルが低い」「大企業ほど高ストレス」「エクセル方眼紙」

1 :trick ★:2017/10/01(日) 12:17:56.00 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/vqO33u2.png 日本のIT業界がストレスフルな理由 – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)
Why Japanese tech industry is stressful

2017.09.26
Updated by Mayumi Tanimoto on 9月 26, 2017, 07:13 am JST

IT人材のスキルキャリアを研究するNPO法人「ITスキル研究フォーラム(iSRF)」が国内で就業するITエンジニア1万228人を対象に実施した調査結果がネットで話題になっています。

ITエンジニアのストレスチェック実態調査

・厚生労働省が定める「高ストレス」者に該当するものが17.8%

・他業種も含めた厚生労働省調査だと10.1%なので1.8倍

・月間の労働時間が、200時間を越えると急激に高ストレス者の割合が増加

・全体の4分の一を超える26.4%が高ストレス者

・技術レベルの高いエンジニアは「高ストレス」が2.3%。ミドルレベル(17.7%)エントリーレベル(20.0%)

・従業員数5,000人を超える大企業では、高ストレス者は25%。平均は17.8%

・39.3%が高ストレス者が「ITの業界から離れたい」と回答

この結果が興味深いのは、技術レベルが低く、大企業勤務の人ほどストレスレベルが高い、ということですね。

大企業勤務だと報酬や待遇が保証されているのでストレスレベルが低そうですが、ここには日本のIT系大企業独自の事情が関係ありますね。

大企業の場合、一応分業されていても仕事の割当が専門別でもなく、工数管理もかなり適当、年功序列マストで、しかも丸投げされるのに、裁量権が小さいので、若手や中間層に集中。しかも仕事がレガシーシステムのお守りだったりして、身につくのは将来負債になりそうな技術と社内知識ばかり。

会議の席順とか根回しとか、エクセル方眼紙の埋め方、伺いの書き方ばかりうまくなるけども、転職は無理な社畜になっていくという構造ですね。。。さらに上司や客からは鬼のような叱責でやる気低下で鬱直行。

日本のエンジニアはストレス耐性が高いですが、それでも40%の人が業界を離れたいというのは相当な問題です。一方で注目すべきなのは、英語圏の場合、IT業界の人のストレスの原因が、技術革新についていくこと、だったりするわけです。

そもそも、英語圏だと大企業でもエクセル方眼紙はないですし、会議は多いかもしれませんけど、根回しはあまりないですね。必要な時もありますが。無駄なレガシーシステムは捨てちゃってチームごと解雇するので、お守りの仕事はなくなってしまうこともありますし。(自分の仕事もなくなるんだけど)

負債になるシステムのお守りを15年やって廃人同然になっていくか、それとも、いつクビになるかわからない環境で常に最新の技術にキャッチアップして燃え尽きていくか。究極の選択のような気がしますが。
https://wirelesswire.jp/2017/09/61095/

続きを読む