車軽量化へ「木」に脚光、鉄の5倍強い新素材の実用化急ぐ、ジュラルミン(*´ー`*)♡♡♡

1 :北村ゆきひろ ★ :2017/08/15(火) 16:38:42.83 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/cIy0vDo.jpg 木などの繊維から作る「セルロースナノファイバー(CNF)」が自動車の軽量化を実現する新素材として注目を集めている。
実用化の大きな壁になっている製造コストについても、大幅削減に向けた技術開発が進み始めた。現在主流の鉄鋼や
アルミ合金、炭素繊維などのライバルになる可能性があり、軽量化素材競争は一段と熱を帯びそうだ。  

<日本に有利な持続型資源>

CNFは木の繊維をナノレベル(ナノは10億分の1)まで細かくほぐした素材。鉄に比べて重さは約5分の1と軽く、強度は5倍以上。
植物由来のため二酸化炭素(CO2)の排出削減につながり、国土の7割を森林が占める日本にとっては調達しやすい持続型資源
としての期待が大きい。  

CNFの研究は京都大学の矢野浩之教授が20年ほど前から始めた。研究のきっかけの1つは、米国の大富豪ハワード・ヒューズ氏が製造し、
1947年に初飛行した世界最大の飛行機が木製だったことだ。同教授は「木で空を飛べるなら車も作れるのではと考えた」と話す。

CNFはすでに化粧品や大人用紙おむつ、ボールペンなどに採用されている。車部品向けは、デンソー(6902.T)、ダイキョーニシカワ(4246.T)、
トヨタ紡織(3116.T)など約20の企業、大学などが参画し2020年までに10%の軽量化を目指すプロジェクトが昨年末から環境省主導で
動き出すなど、実用化への機運が高まっている。

<新製法で製造コスト10分の1>

「軽量化は(車づくりの)永遠のテーマ」と語るトヨタ自動車(7203.T)の車体開発設計者、松代真典氏は、CNFが需要を増やせるかどうかは
「低コストで作れるかどうか」にかかっていると指摘する。  

CNFを車部品に使うには合成樹脂との混合が必要。だが、CNFと樹脂を混ぜるのは水と油を混ぜるような難しさがあり、その実現には複数の
工程が必要であるため、製造コストは1キログラム当たり5000円—1万円だった。  

http://jp.reuters.com/article/wood-car-japan-cnf-idJPKCN1AU2H4

続きを読む

上原多香子、夫の遺書公開も前向きな舞台稽古に「鉄のメンタル」の声、「安倍総理(*゚∀゚)

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/08/13(日) 00:06:31.03 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/uOT15Ft.jpg SPEEDの上原多香子(34)が不倫報道で騒がれる中、中日劇場(愛知県)での舞台『のど自慢 〜上を向いて歩こう〜』の稽古に参加した。
上原はスタッフらに「お騒がせして申し訳ありません」と頭を下げたものの、とくに落ち込んでいる様子もなく、気丈に稽古をこなした。

上原は10日発売の『女性セブン』で元夫TENNさん(享年35)の遺書公開によって直前に俳優・阿部力(35)と不倫関係にあったことが発覚したばかり。
それゆえに、このニュースに対し、SNSなどネットメディアで「鉄のメンタル」「この時期に?」「メンタル強過ぎる」と戸惑いの声があがっている。芸能プロ関係者はいう。

「なんら法に触れることはなくても、ファンには何の説明もないまま舞台関係者にだけ頭を下げるのは疑問です。
舞台のタイトルが『上を向いて歩こう』で洒落にならないのもあるが、
上原としても舞台降板してこれ以上、周囲に迷惑をかけられないという思いがあったのでは」

もちろん「謹慎」も「喪に服す時期」にも決まったルールはない。
しかし、上原は16年のTENN氏三回忌に籍を抜くことを勧めた義母に「私、森脇のままでいさせてください。
籍を残したい」と申し出ながら、舌も乾かぬ今年5月に、演出家のコウカズヤ(40)と恋愛がスクープされるや「籍を抜きたい」と言ってみたり、とにかくタイミングが悪いのが特徴だ。

一方、不倫相手の阿部力はインスタグラムとブログを7月25日以来、更新していない。
10日発売の『女性セブン』では電話取材にも「10分後にかけ直す」と言ったきり応答がないことが報じられている。

「阿部も少なからずTENNさんの自殺にはショックを受けていたようで、TENNさんの死後、阿部はブログを8ヶ月(14年10月?15年6月)の間、休止している。
ようやくブログもインスタも復活したものの、今回の騒動を知ったのか8月8日でピタリと更新が止まっている。
TENNさんの死に関しては毎回逃げ回るばかりで何一つ釈明していない点が非難の的になっています」(週刊誌記者)

更新のなくなった阿部のインスタのコメント欄は、「早く子ども欲しいって。。気色悪いあんたら二人、既婚者だったんでしょ?」
「TENNさんがどんな気持ちだったかわかりますか?」「この3年間笑顔になれるあなたが信じられない」「一生苦しんでください」など厳しいコメントが集まっている。

12日に初日を迎える上原多香子の舞台。
彼女には観客の声援がどのように聞こえるのだろうか。

2017.08.12 21:06 デイリーニュースオンライン
http://dailynewsonline.jp/article/1344117/

続きを読む

やばすぎ!?、撮り鉄のマナー問題「追放」呼びかけツイート 「差別するな!」VS「わかる気がする」

1 :復讐の鬼 ★:2017/08/10(木) 23:29:08.47 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/FzxKM2H.jpg 「駅構内での撮影を禁止して欲しい」「撮り鉄を社会から追放しましょう」——。あるツイッターユーザーのこんな呼び掛けを発端に、一部鉄道ファンの「マナー問題」がネット上で再び議論の対象となっている。

 「撮り鉄追放」を訴えたユーザーの元には、鉄道ファンらから「ふざけんなよ」「差別すんじゃねえ」など怒りのリプライ(返信)が殺到。一方、投稿者の訴えに共感するユーザーの姿も目立ち、主張の賛否をめぐって激しい意見が交わされている。

■「そんなに言うなら鉄道使うな」

 議論の発端となったのは、あるツイッターユーザーの2017年8月7日の投稿だ。JR宇都宮駅で新幹線を降りてホームを歩いていたところ、鉄道写真の撮影を趣味とする「撮り鉄」らしき人物に「邪魔だ」との暴言を吐かれたとして、

  「駅構内での撮影を禁止して欲しい」

などと訴える内容だ。その上で、「皆で力を合わせて迷惑行為(撮り鉄)を社会から追放しましょう」とも呼び掛けている。

 ただこのユーザーは日頃から、他者への誹謗中傷や不謹慎な内容のツイートを繰り返しており、ツイッター上では、今回の投稿の「信憑性」に疑問を投げかける声や、いわゆる「釣り」目的ではないかとの指摘も出ている。

 とはいえ、鉄道ファンの「追放」を呼び掛けたツイートがネット上の注目を集めたことは確かで、投稿者の元には賛否両論さまざまな意見が殺到する騒ぎとなった。

 まず目立つのが、鉄道ファンとみられるユーザー達による怒りの投稿だ。投稿者の訴えは、鉄道ファンへの偏見に基づくもので誹謗中傷にあたる、などとして、

  「差別するな!そんなに言うなら鉄道使うな」
  「鉄オタを差別するのをすぐにやめてください。迷惑な鉄オタはほんの一部です」
  「観光地で記念写真を撮るときに人が入り込んできたら嫌ではありません?イライラするのはわかりますが、言い過ぎだと思います」
  「俺たちの趣味をアンタに追放だの言われる筋合いはねぇよ」

などのリプライを投稿者の元に寄せている。また、こうした批判的な投稿をしている人の多くは、アカウントのプロフィール写真を鉄道の画像にしている。

「ルールを設けた方が良いと思う」

 ただ、「撮り鉄」のマナーをめぐっては、過去に全国各地でさまざまなトラブルが起きていることも確かだ。

 例えば、栃木県の真岡鉄道で線路脇の菜の花畑が踏み荒らされたり、JR車両のタイフォン(警笛を鳴らす装置)に勝手に接着剤を塗りつけたり……。このように、一部の鉄道ファンの迷惑行為が問題となった事例はいくつもある。

 こうした過去のトラブルを引き合いに、投稿者の主張に共感するユーザーの姿も目立っており、

  「わかる気がする、確かに私も駅構内での撮影は禁止して欲しい」
  「周りの迷惑に歯止めがかからないなら、規制やむなし」
  「三脚禁止や乗客最優先などのルールを設けた方が良いと思う」

といった賛同意見も。なかには、投稿者の元に批判が殺到する様を踏まえて、「な?鉄オタのこの人へのツイートを見れば排除すべきとしか思えないやろ?」と揶揄するユーザーも出ていた。

 賛否の大きく分かれた意見が交わされる中、議論の発端となる投稿を寄せたユーザーは8月10日昼、ツイッターを再び更新。「拡散希望」のハッシュタグを添えて、

  「お盆とお正月の前後1週間主要駅構内での写真撮影を自粛して下さい。駅構内の混雑緩和と、撮り鉄様を拝見するだけで気分が悪くなる一般の方々への配慮をお願いいたします。マナーでもあります」

と、再び鉄道ファンを揶揄するような投稿を寄せていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00000007-jct-soci&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00000007-jct-soci

続きを読む

高橋 一生、樫野有香、共謀罪施行で「撮り鉄」が制限される日が来るかもしれない

1 :ニライカナイφ ★:2017/07/17(月) 08:31:29.77 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/7n488cn.jpg 観光旅行で訪れた海外で、記念に写真を撮っていたら警察官に制止されデータの削除を求められることがある。
日本ではあまりないことだが、改正組織犯罪処罰法、いわゆる共謀罪が7月11日に施行されたことで、同じような場所が増えてゆくかもしれない。
取材先のスペインで、地下鉄駅構内の撮影を制止されたライターの小川裕夫氏が、今後の日本での可能性について探った。

 * * *

美しい港の景色をスケッチしていると、どこからともなく現れた憲兵にスパイと疑われて連行されそうになった——
女優・のんさん(元・能年玲奈)が声優を務めたことでも話題になった大ヒット映画「この世界の片隅で」の作中に描かれているワンシーンだ。

主人公・すずは、絵を描くことが好きな19歳の女の子。
同作品は1944(昭和19)年〜1945(昭和20)年の広島県広島市と呉市を舞台にしており、すずは呉港の風景をスケッチしているときに憲兵にそれを咎められた。

1889(明治22)年に呉鎮守府が設置されて以降、呉は東洋一との形容される屈指の軍港都市として発展。
軍事上においても、重要な都市となっていた。

スケッチをしていただけのすずが連行されそうになった法的根拠は、1937(昭和12)年に改正された軍機保護法だった。
軍機保護法では対象に指定した施設を勝手に測量・撮影・模写・記録・複写・複製することを禁じており、戦闘機や艦船といった兵器類、それらを生産する軍需品工場なども対象になった。
戦局が厳しさを増していくほど、軍機保護法の対象は増えていった。
後年には、高圧送電線や貯水ダムなども対象に加えられている。

現代において単なる移動手段としか見なされていない鉄道も、当時では軍事物資や兵員輸送に役立つ”兵器”だった。
当然、軍機保護法の対象になっている。

同法案は徹底しており、鉄道の車両・駅・変電所といった施設を撮影・模写する行為は当然禁止。
そのうえ駅名から軍と関連性を見出せることから、強制的に駅名を改称させるケースも頻繁にあった。

呉と並び軍港として名高い横須賀では、1930(昭和5)年に開業した湘南電気鉄道(現・京浜急行電鉄)の横須賀軍港駅が1940(昭和15)年、横須賀汐留駅に改称させられた。
軍機保護法は敗戦しポツダム宣言を受託したことで廃止された。
今般、わずかに運行されている米軍の燃料輸送や自衛隊輸送といった国家防衛上で重要と思われる列車や鉄道施設を撮影・スケッチしても大問題には発展しない。

ところが、7月11日にテロ等準備罪(通称:共謀罪)が施行されたことで雲行きが怪しくなっている。
同法案を審議した国会では、金田勝年法務大臣の答弁が二転三転した。
共謀罪の議論は深まらず、何をしたら共謀罪に該当するのかが不明のまま法案は採決されている。

共謀罪の国会審議で注目されたのが、金田法務大臣が「花見の席で地図を広げることや双眼鏡を覗き込むことはテロの準備行為に該当する」と答弁したことだ。
金田発言により、花見が罪になる可能性が示唆された。

とはいえ、共謀罪が施行されたからといって捜査機関が即座に花見客を片っ端から逮捕することはあり得ない。
しかし、これらの行為が共謀罪に抵触するならば、逮捕されるか否かは捜査機関の胸先三寸によって決められるになる。
そうした疑問を法務省刑事局にぶつけてみると、「個別のケースについてお答えできません」と前置きしながらも「鉄道を撮影することや時刻表を広げているだけでテロ行為ではありませんので、逮捕されることはありません」と断言した。

その一方で、「テロ等準備罪では、基本的に現場の捜査機関が判断します」とも付け加えた。
要するに、捜査機関の判断が優先されるということになるので、いくら法務省刑事局が鉄道撮影は共謀罪が適用されないと断言してもあまり意味をなさない。

海外では、いまでも鉄道を軍事機密にしている国はある。
また、鉄道撮影が違法ではない国でも、州政府や当局の判断よって鉄道撮影を制限している場合もある。

https://www.news-postseven.com/archives/20170717_590473.html
https://www.news-postseven.com/archives/20170717_590473.html?PAGE=2

※続きます
https://www.news-postseven.com/archives/20170717_590473.html?PAGE=3

続きを読む