強制性交未遂事件で画像を公開していた容疑者は15歳・高校1年生だった 道警、翌日に削除、寧ろあの画像!!

1 :すらいむ ★ :2017/08/18(金) 17:36:33.20 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/V2GUJt3.jpg 画像公開の容疑者は15歳少年 北海道警、翌日に削除

 北海道警は18日、強制性交未遂事件の容疑者として画像を公開していた男性が、15歳の高校1年生だったと明らかにした。
 情報提供により未成年の可能性が高いと判断し、17日午後からホームページなどに掲載していた画像を18日朝に削除した。

 道警は「画像などから総合的に成人と判断し、公開した」と説明している。

 道警は北広島市のコンビニで女性に乱暴しようとしたとして、店の防犯カメラの画像を公開していた。
 削除後、男子生徒が自ら110番通報し、事件への関与を認めたという。
 道警が事情聴取を進めている。

産経ニュース 2017.8.18 17:24
http://www.sankei.com/affairs/news/170818/afr1708180008-n1.html

続きを読む

最初か(ᅙωᅙ)ふっふっふ、豊田真由子氏秘書兼職問題で、松森町議に辞職勧告検討/青森・板柳(画像あり)

1 :イセモル ★:2017/08/15(火) 19:44:01.64 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/cGtUWcR.jpg 板柳町の松森俊逸町議が6月末から豊田真由子衆院議員(埼玉4区)の政策秘書を兼職している問題で、町議会は15日、議員全員協議会を開き、松森氏から事情を聴くなどした。閉会後に記者会見した葛西清人議長は、松森氏に対する議員辞職勧告決議案の提出を検討する考えを示した。

協議会には全町議11人が出席し、非公開で約1時間行われた。葛西議長によると、兼職について松森氏は「両立できる」と主張。ほかの町議からは「あまりにも距離が離れている」「議員活動が停滞するのでは」などの批判や疑問が相次ぎ、兼職に理解を示す意見は出なかったという。

*****
引用ここまで。全文は下記よりお願いします
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK8H4CXSK8HUBNB007.html
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170815002557_commL.jpg

続きを読む

有吉の夏休み、ブルックス・コエプカ、「妖怪人間ベム」放送50周年、ギャグアニメで復活 設定は現代、キャラも変化(画像あり)

1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/08/12(土) 08:07:37.22 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/JCnlqfz.jpg 放送から50周年を迎える怪奇アニメ「妖怪人間ベム」が、ギャグアニメとして復活する。
新作の「俺たちゃ妖怪人間」が、10月からTOKYO MXなど全国で放送。
おなじみのベム、ベラ、ベロの3人が登場する。

1968年にテレビ放送され、「早く人間になりたい!」のセリフで人気を誇った作品。
人間になろうとする妖怪人間の苦悩を描き、何度も再放送されては子供たちの心をつかんできた。
10月に放送50周年の節目を迎え、改めて作品に光を当てるプロジェクトが始動。
オリジナルの68年版、06年版とともに、新作「俺たちゃ…」が放送されることになった。

「俺たちゃ…」は妖怪退治のないギャグアニメ。
設定は現代で、舞台は東京・新宿の歌舞伎町にそっくりな「歌魔羅(かまら)町」。
ベム、ベラ、ベロは、ホストクラブで働いたり、コミケで同人誌を売ったりと、現代人の生活を経験しながら人間を目指す。
下品なギャグや社会風刺もたっぷりで、プロデューサーは「現代にこの3人がいたとしたら、どのような生活を送るのだろうという発想で作った」と話す。

キャラ設定は原作を踏襲しつつ、ギャグアニメという内容に沿った形に変化。
ベムはバカ真面目でむっつりスケベ、ベラは人間嫌いのドエロ姐(ねえ)さん、ベロはお調子者の金欲小僧。
声はベムを杉田智和(36)、ベラを倉科カナ(29)、ベロを須賀健太(22)が担当する。
倉科は初のアニメ声優で「声優デビューをちょっと下品で、ゆるい感じの作品にささげられ、心の奥底ではとっても光栄に思っています」と話した。

新作は50周年プロジェクトの第1弾。
今後もさまざまな企画が用意されている。

画像:「妖怪人間ベム」が放送されてから50年。ギャグアニメ「俺たちゃ妖怪人間」として復活
http://i.imgur.com/fSLs0Ip.jpg
http://i.imgur.com/JInnbxz.jpg
http://i.imgur.com/bYsukJd.jpg
http://i.imgur.com/M4Z5AEX.jpg

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/12/kiji/20170811s00041000422000c.html

続きを読む

びびびっくり#!、ヤマカガシの見分け方は?他のヘビと写真や画像で徹底比較

1 :フラのベランダー ★:2017/07/30(日) 18:04:51.27 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/qNrQxBM.jpg 日本の毒ヘビというとマムシというイメージですが、本土にいる毒ヘビにはヤマカガシというものもいます!

ヤマカガシはシマヘビと同じナミヘビ科のヘビなので顔つきはこの2種類に似ています。

今回はヤマカガシの見分け方について写真や画像も交えて紹介していきたいと思います。

続きは↓
https://namamono-moratorium.com/yamakagashi-hikaku-446
https://namamono-moratorium.com/wp-content/uploads/2016/06/yamakagashi.jpg

続きを読む

小島瑠璃子がアップした写真に恋人?速攻削除で疑惑が深まる(画像あり)、こだわΣ( ̄□ ̄;)

1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/07/19(水) 19:02:38.19 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XiaaWDx.jpg タレントの小島瑠璃子さん(23)が2017年7月18日午前9時頃にツイッターを更新したのだが、アップした写真に小島さんと親しげにしている男性が写っていたため「彼氏だ!」などと騒ぎになった。
撮影場所は自宅と思われる場所だったため、男性は小島さんの弟など親族ではないか、という意見も出たが、小島さんは騒ぎが大きくなると当該の写真を何の説明もなく削除したため、かえって恋人疑惑がさらに深まった。

■ モデルの呂敏さんではないか?

小島さんは、「うさぎも良いけどねこもすごく良い」とツイートし、1枚の写真をアップした。
写真の中央に小島さんが胡坐をかいて座り、身を乗り出して一匹のネコを見ている。

その左に、左手にグラスを持ってソファーから身を乗り出し同じようにネコを見ている若い男性が写っている。
この写真は男性が右手に持ったカメラで、自撮りで撮影したもののようだ。

ネット上ではすぐさま、この男性は誰なのかと話題になり彼氏説が浮上した。
そして、男性がかなりのイケメンであることから、ある男性モデルではないかと疑われ、写真の比較が始まった。

小島さんと男性モデルは14年9月に東京・銀座を親しげに歩く姿が写真週刊誌「フライデー」に掲載されている。
しかし比較の結果、この男性ではない、という結論が出て、撮影場所が自宅と思われる場所だったため弟に違いない、となった時点で、なぜか小島さんはこの写真とツイートを削除してしまった。

それでまたネットがざわつき出して、
「弟なのに消すの?」
「消したなら彼氏確定やな」
「まあ彼氏くらいおるやろ。相手がイケメンなだけマシや」
などといった事が掲示板に書き込まれ、
「小島瑠璃子、彼氏の写真をツイッターに誤爆か」などと騒動が再燃した。

そして、削除してから数時間後の18日の夕方、小島さんは削除した写真を再びツイッターにアップし、こうつぶやいた。

■ 「弟もメロメロですな。」と再投稿

「幼馴染のお家にネコちゃんがきました。可愛いです。ウサギもいいけどネコもいい。弟もメロメロですな。」
つまり、撮影場所は幼馴染の家で、写真に写っている男性は弟、という説明だ。

このツイートには、
「なんでアップし直した??」
「彼氏かと思ったら弟か、一安心」
「こじるりの弟?」
「写真の男性は弟さんですか。イケメンですね。兄妹美形ですね」
などといったコメントのほか、フォロワーたちは自分が飼っているというネコの写真を大量に送信している。

http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/3/23f95_80_4c3550ec_83dc56cf.jpg
http://news.livedoor.com/article/detail/13358195/

続きを読む

こりゃヾ(⌒▽⌒)ゞ、アラスカの永久凍土が解けて「砂漠」が出現、森が飲み込まれていく(画像あり)

1 :野良ハムスター ★:2017/07/17(月) 10:18:19.44 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/wxshXPB.jpg 北極圏に近い米アラスカ州の森林地帯に、異様な形をした「砂漠」がある。現段階で原因ははっきりしないが、地球温暖化がすすめば、こうした地形が増える可能性が懸念されている。

「デューン」と呼ばれるこの地形は、同州西部のノームから東へ約400キロの永久凍土地帯にある。空から見ると、直径数キロの大小二つの円形が東西に並び、中心から外側に向けて巨大な段々畑のような構造だ。段差は数メートル。森がのみ込まれているようだ。

周辺はもともと砂が多く、降水量が年300ミリ程度と少ない。アラスカ大のウラジミール・ロマノフスキー教授によると、何らかの原因で凍土が解け、当初は池などが広がったが、水面から蒸発したり、保水力の低い土壌から水が抜けたりして、徐々に乾燥、風化してつくられた可能性があるという。

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170717000023_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170716002929_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170716002931_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170716002934_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170716002946_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170717000047_comm.jpg
http://www.asahi.com/articles/ASK7J7TC5K7JULBJ00J.html

続きを読む