大阪桐蔭(大阪)2−1智弁和歌山(和歌山)● 春夏連覇狙う大阪桐蔭 智弁和歌山降す(17日・甲子園、2回戦)、広瀬すず、NEWS

1 :ブリティッシュショート ★@\(^o^)/:2017/08/17(木) 14:28:44.86 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/bqE6ljW.jpg  第99回全国高校野球選手権大会は第9日の17日、2回戦3試合。第2試合はセンバツ覇者で「春夏連覇」を狙う大阪桐蔭(大阪)と智弁和歌山(和歌山)とが対戦。1点を争う投手戦となった試合は、大阪桐蔭が終盤勝ち越しに成功、智弁和歌山を降し3回戦に進んだ。

〇大阪桐蔭(大阪)2−1智弁和歌山(和歌山)●(17日・甲子園、2回戦)

 大阪桐蔭は七回、先頭の8番・泉口が右翼線二塁打で出塁、バントで三進した後、2番・福井の2球目に智弁和歌山・平田が暴投、泉口が本塁に生還し決勝点を挙げた。

 大阪桐蔭は初回、1番・藤原の二塁打と、4番・根尾の中前適時打で先制。智弁和歌山も四回、四球と長短打で得た1死満塁の好機で6番・冨田の左前適時打で同点に追いついた。

 先発の大阪桐蔭・徳山、智弁和歌山・黒原ともに制球良く、安打を打たれながらも要所を抑える投球で投手戦に。智弁は六回途中から、初戦好投した平田に継投したが、終盤のバッテリーエラーで涙を飲んだ。徳山は九回を投げ抜いて1失点完投。

https://mainichi.jp/koshien/articles/20170817/k00/00e/050/218000c

続きを読む

名門・横浜のエースは元サッカー少年…意識を変えた甲子園の存在、清原 T#!

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/08/12(土) 15:53:52.22 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/4sFUOr6.jpg 99回目を迎えた夏の甲子園は、熱戦が続いている。強豪校になればなるほど、華麗な球歴を持った選手は多い。
日本代表や全国優勝、世界大会出場…などなど。
取材する側も慣れっこになっている部分がある。

そんな中で、ある選手の“球歴”が気になった。
11日に登場した横浜の板川佳矢投手。
甲子園優勝5度を誇る名門の2年生エースは、実は中学入学までサッカー少年だった。

「ミッドフィルダーで『10番』でした。結構、点も取っていましたよ」。
兄がやっていたサッカーに熱中。
地元小チームでは司令塔で、アイドルは清武(C大阪)や遠藤(G大阪)。Jリーグのジュニアユースチームに進む選択肢もあった。

本格的に野球に転向したのは偶然。
友人と公園でキャッチボールをしている時、たまたま友人を知っている指導者が通りがかり「いい球を投げるな。ウチでやらないか」と勧誘された。
仲の良かった先輩が地元・野木中の野球部だったため、サッカーはやめて「なんとなく流れで」野球部に入ることにしたという。

中学時代は「甲子園もあまり知らなかった」と振り返る左腕。
一塁手から投手になったのも3年時で、直球を武器に県大会出場は果たしたものの、変化球は投げられなかった。

意識が変わったのは、誘いを受けて親元を離れ、高校に進んでからだった。
日本中から有望選手が集まる横浜は、ほとんどが中学硬式野球の強豪出身。
そこで板川の負けん気に火が付いた。

「軟式出身でも、ここまでやれるんだということを見せたい」。
硬式球の感触に慣れるため、グラウンドから寮への帰り道も常にボールを触り続けた。自室で横になっていても、天井に向かってずっとボールを投げ上げていた。
硬式出身者との3年間の差を埋めるための努力を、コツコツと積み上げた。
そして、聖地がさらに左腕を変えた。サポートメンバーとして、昨夏の甲子園に帯同。ボールボーイも務め、グラウンドの雰囲気に圧倒された。
あこがれの先輩・藤平(楽天)がマウンドで躍動する姿に「今度は自分も」と思うようになった。
努力と意識の変化が実を結び、昨秋の新チームからは背番号1に。今夏は投手陣の中心として甲子園に戻った。
しかし、11日の秀岳館戦は先発ではなく、3点を追う七回途中5番手での登板。2回1/3を無失点ながら、チームを勝利に導くことはできなかった。
「自分がもっと早く投げていて点をやらなければ勝っていた。先発を任せてもらえないのは、僕の力がないということ」と悔しがった板川は
「今度こそ、こういう試合で先発に使ってもらえる投手として、甲子園に戻ってきたい」と誓った
ピッチング以外、文字を書くなど日常生活はすべて右利き。
サウスポーになったのも、最初に野球のボールを投げた時が左だったから。
野球に関心が薄かったサッカー少年が、数年で全国屈指の強豪のエースになった。
板川は「中1から3年間は野球をやっていても、甲子園はどうでもいい存在だった。
今は甲子園がなければ、もう自分じゃないというぐらいに思っている」と言葉に力を込めた。
名門に現れた異色の背番号1。球児の成長力と甲子園の存在の大きさをあらためて実感した。

08/12 10:30 デイリースポーツ
https://article.auone.jp/detail/1/6/10/17_10_r_20170812_1502501601618470?ref=top

続きを読む

グッさあ+#+、甲子園の開会式で先導役の女子生徒が熱中症で倒れる

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/sX4ufaF.jpg
第99回全国高校野球選手権大会の開会式(8日、甲子園球場)で思わぬアクシデントがあった。

 滝川西(北北海道)の先導役としてプラカード嬢を務めていた市立西宮の女子生徒が突然倒れる騒動が発生。
両肩を支えられてグラウンドの外に連れ出されると、すぐさま代わりの女子生徒がプラカードを持ち、式典は滞りなく行われた。

 開会式後、大会本部は「熱中症のような症状でしたが、救護室でしばらく休養した後、回復しました。念のため病院に行ったとのことです」と発表した。

甲子園の開会式でアクシデント 先導役の女子生徒が倒れる
http://news.livedoor.com/article/detail/13447276/

関連スレ
この糞暑い中、子供達を無理やり外で動かす甲子園はバカなの?なんで批判されないの? [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1501994193/

続きを読む

みんな都!?、夏の甲子園で「公立校出場」が最も途絶えている都道府県はどこ?

1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/08/08(火) 17:49:36.23 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/44bcAkI.jpg 今年の夏の大会の大阪府代表は5度目の夏の優勝に加え、史上初となる2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭である。
だが、その大阪桐蔭を府予選の決勝であと一歩まで追いつめたチームがあった。

全国的にはまったく無名の公立校・大冠である。
4‐10と劣勢だった9回表に一挙4得点。甲子園まであと一歩のところで惜敗したのだ。
と同時に、大阪府勢にとってはある快挙に迫る寸前のところでの本当に惜しい敗戦となったのである。

実は大冠の予選決勝戦進出は大阪大会では公立勢19年ぶりの出来事だったのだ。
その19年前の98年の夏の大阪府予選は第80回という記念大会だったこともあって、北大阪と南大阪の2地区に分けて2代表が選ばれるようになっていた。

このうち、北大阪大会の決勝戦に進出したのが府立の桜塚だったのだ。
結果は関大一の前に0‐4で敗退し、甲子園出場はならなかった。

そもそも大阪府は昔から現在に至るまで大阪桐蔭や履正社、大体大浪商に上宮、現在は活動を休止しているPL学園など私学の強豪が多く、公立勢の甲子園出場は困難を極めている状況が続いている。

では、府立勢の夏の甲子園出場はいつ以来途絶えているのか。
それは27年前の90年に出場した渋谷(しぶたに)までさかのぼる必要があるのだ。

この年の渋谷はのちに大阪近鉄や中日、楽天、横浜DeNAで活躍する中村紀洋が2年生4番としてチームを引っ張り、みごと甲子園出場を果たした(初戦で山口県代表の宇部商の前に4‐8で敗退)。
このように公立校の夏の甲子園出場が長きにわたって途絶えている都道府県は神奈川県も同様で、奇しくも渋谷が出場した90年の横浜商までさかのぼる。

また、東京都は東東京と西東京というように2校代表を甲子園へ送り込むことができるが、東東京は99年と01年に都立の城東が、03年に同じく都立の雪谷が甲子園出場を果たしているが、これが西東京はというと、80年の国立までさかのぼらなければならないのだ。
この年の国立は準決勝で堀越、決勝戦で駒大高という私立の強豪相手にともに2‐0というスコアで勝利し、春夏通じて初の都立校の甲子園出場という快挙を達成した。

夢の晴れ舞台では初戦でいきなり前年に史上3校目の春夏連覇を達成した強豪・箕島(和歌山)の前に0‐5と完敗したものの、東大に多数合格者を送り込む文武両道の高校として当時、世間では大きな話題を集めたチームだった。
西東京、神奈川、そして大阪。公立校の夏の甲子園出場が久しくないこの3地区。
いち早く代表校を送り出せるのは果たしてどこなのだろうか。

http://www.asagei.com/excerpt/86345

続きを読む

関東地方1都6県で唯一夏の甲子園「全国制覇」経験がない県とは?、甲子園で見(*゚∀゚)

1 :きゅう ★@\(^o^)/:2017/08/10(木) 05:07:52.07 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/OeYePWT.jpg  こう問われて即座に正解が出せる人はかなりの高校野球通である。正解は「埼玉県」。

 埼玉県勢といえば、春の選抜では13年第85回大会で浦和学院が優勝しているが、実はこれは選抜史上でもまだ2回目のことなのである(最初の優勝は68年第40回大会での大宮工)。夏の選手権に至っては51年第33回大会での熊谷と93年第75回大会での春日部共栄と過去2回の準優勝はあるものの、いまだ優勝したことがない。浦和学院を筆頭に数多くの強豪校がひしめいているだけに意外な事実と言えよう。

 ちなみに夏の甲子園優勝を経験しているのは27の都道府県だが、最高成績が準優勝止まりの県は埼玉県の他に11県。北から順に東北地方は青森県(八戸学院光星2回、三沢1回)、秋田県(秋田1回)、宮城県(仙台育英2回、東北1回)、福島県(磐城1回)の4県、北信越地方は新潟県(日本文理1回)、石川県(星稜1回)の2県。近畿地方は滋賀県のみ(近江1回)で、中国地方も岡山県だけである(岡山理大付1回)。そして九州地方は熊本県(熊本工3回)と宮崎県(延岡学園1回)と鹿児島県(樟南1回)の3県。とはいえ、これらの準優勝止まりの県のうち、今大会で優勝候補に推されている出場校も当然ある。埼玉県の花咲徳栄と熊本県の秀岳館の2校だ。花咲徳栄は3番を打つ西川とエース・清水がプロ注目の逸材。秀岳館は昨年春夏、そして今年の春と3季連続のベスト4進出を果たしていて、最速148キロ左腕の川端と控えの左腕田浦が強力な存在だ。

 この両チームに期待したいところだが、思わぬ伏兵が活躍するのもまた甲子園。銀メダルしかない故郷へ初の優勝を持ち帰るチームが現れるのか、注目したい。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

http://www.asagei.com/excerpt/86622

続きを読む

<夏の甲子園の陰で危うい高校野球の将来>野球部員数。今年、大幅な減少…小学校、中学校の軟式野球人口も激減、奈良市、大宮アルディージャ

1 :Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/08(火) 07:54:12.46 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/nfoBFpb.jpg 野球ファンが待ちに待った「夏の甲子園」が、いよいよ7日に開幕を迎える。猛暑の中、49校の頂点を目指す高校球児たちが、今年もまた熱戦を繰り広げることだろう。全国高校野球選手権大会は、今年で第99回。夏の甲子園の華やかさは変わらないが、その水面下でいま、高校野球界に大きな衝撃が走っている。

 高野連(日本高校野球連盟)が毎年発表している野球部員数。これが今年、大幅な減少を見せたのだ。

 2017年の男子硬式野球部部員数は、16万1573人、前年から6062人(3.6%)減った。新入部員である1年生は5万4295人、3111人(5.4%)の減少だ。

この連載でもすでにふれたとおり(「競技人口減」で先が見えない日本野球の現在)、小学校、中学校の軟式野球人口は激減している。

 2016年の競技人口は2007年と比較して小学生(スポーツ少年団、軟式野球チーム)は33%、中学生(中体連、軟式野球部)は39%も減少していたが、そんな中で高野連発表の男子硬式高校野球部員数だけは昨年までは横ばいといってもいい0.6%の減少だった。

■「不自然」な硬式野球部員の比率

 総務省の統計では2015年10月の15〜19歳の男子人口は、2006年10月から5.6%減少している。そんな中で高校野球の競技人口だけが減っていない。結果として、男子高校生に占める硬式野球部員数の比率は年々上昇し「不自然だ」という声が上がっていた。これもすでに紹介したとおり、高校野球の競技人口には、女子部員が8%程度含まれている。

 また、他クラブからの助っ人も含まれている可能性がある。が、その実態はよくわからない。高校野球を管轄する高野連と、ほかの運動部を管轄する高体連はべつの組織であり、双方で数字は把握していないようだ。

 また、高校1年で野球部に入った生徒が、3年まで続ける「継続率」は。2007年81.4%だったが、2016年には90.1%に上昇した。「途中でやめなくなった」ことで、部員数が減らなかったとされる。

 さらに軟式野球ではなくリトルシニア、ボーイズなどの小中学校の硬式野球人口は減っていない。彼らの多くは高校野球に進む。そういう形で昨年までは「高校野球の競技人口は減っていない」ということになっていたが、今年になって数字の上でもいよいよ退潮が明らかになった。

筆者は先日、野球用具メーカーの関係者と話をしたが、真っ先にこのことが話題になった。先方の感想は、「いよいよきたか」というものだった。

 野球用具業界では、硬式野球競技者は上得意の「シリアスプレーヤー」に分類される。客単価も大きく、売り上げも大きい。特に高校野球はボリュームゾーンだが、この競技人口が減少に転じたことをメーカーは深刻に受け止めていた。

 しかし、高野連のこの数字以上に、高校野球の現場は深刻だ。2012年、高野連は複数の高校が1つのチームを作る「連合チーム」の大会参加を全面的に承認した。これも参加校数、競技人口の減少を食い止める施策の一つだと思われる。

 本来ならば部員数が9人を割り込み、助っ人の見込みもない学校の野球部は廃部に追い込まれるはず。だが、「連合チーム」が可能になったことで、9人未満の野球部も存続可能になったのだ。

 今年も多くの地域で、連合チームが地方大会に参加している。たとえば、高知県は7チーム×4ブロックの28チームで地方大会を戦うが、3校の連合チームが1つ、2校の連合チームが1つ含まれているので、参加校数は31校ということになる。

 高野連発表の加盟校数も2017年は前年から25校減り、3989校となったが、この中には連合チームで参加する9人未満の野球部も含まれている。大阪府の高野連の加盟校には部員数ゼロの学校も入っている。9人そろって地方大会に参加する高校は、この数字よりかなり少ないはずだ。

■部員不足の救済策「連合チーム」の厳しい実態

 連合チームの置かれた環境は厳しい。大阪府のとある公立高校を取材した。放課後、グランドにはぱらぱらと生徒が集まってくる。古びたバックネットを背に、硬式野球部員がキャッチボールを始める。わずか3人。本当は5人いるそうだが、2人はアルバイトで抜けている。指導する教師は、「学費と生活費のためにみんなアルバイトをしています。バイトがなくても、私が見ていないと、部活をしないで帰ってしまう子もいるので、忙しくても毎日顔を出しています」と話す。

つづく

8/6(日) 6:00配信 東洋経済
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170806-00183007-toyo-soci&p=1

続きを読む

"サングラス"を禁止する甲子園の時代錯誤 「オシャレ禁止」で忘れ去られる子どもの健康、旭丘、慶應義塾大学

1 :サーバル ★@\(^o^)/:2017/08/08(火) 20:42:59.95 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/mGzi4lU.jpg 世界保健機構(WHO)は「子どもは紫外線による健康被害を受けやすい」として、帽子や日焼け止め、サングラスの使用を呼びかけている。特に学校には「子どもを紫外線から守るうえで学校が担う役割は決定的に重要」と警鐘を鳴らす。では日本の「部活動」の現状はどうだろうか。「子どもはサングラスなんかでカッコつけるな」と思っているとすれば、それは時代錯誤でしかない——。
炎天下で帽子なしの部活動や運動会
いきなり私事になって恐縮だが、今年春に息子が都内の公立中学校に入ると同時に運動部に入部。夏休みも毎日のように部活動に精を出し、真っ黒に日焼けしている。

ここで気になる点がひとつ。学校側が紫外線や熱中症対策にあまり熱心ではないようなのだ。炎天下であれば、大人であれば帽子をかぶり、日焼け止めクリーム(サンスクリーン)を塗り、サングラスを掛けるだろう。ところが、息子は当初帽子もかぶらずに部活動に参加していたのである。

なぜか。息子は「誰もかぶっていないから」という理由を挙げた。帽子をかぶってはいけないルールはないけれども、帽子をかぶるように指導されてもいない——こんな感じだった。だからみんなと同じように帽子なしで練習していたのだ。

ここで6月の中学校運動会を思い出した。炎天下、生徒は帽子をかぶらずに校庭で汗を流していた。テントは本部や来賓席など一部にしか張られていなかったため、多くの生徒は待機中にも直射日光を浴びていた。不思議に思って何人かの学校関係者に聞いたところ、そろって「ハチマキをしているから」という答えが返ってきた。

帽子でさえこうなのだから、日焼け止めやサングラスとなるとずっとハードルが高くなる。熱中症対策にならないと思われているからだろうか。

皮膚がんのリスクを高めかねない
だが、子どもの健康を考えれば紫外線対策も欠かせない。子どものころに紫外線を長時間浴びる生活を続けると、大人になって健康面で大きな問題を抱え込む。シミやシワなど肌の老化ばかりか、皮膚がんのリスクを高めかねない。

地元教育委員会は何をしているのか。問い合わせてみたところ、担当者は「毎年5月中旬には各学校に対して熱中症対策を採るように指示を出している」としながらも、「具体的対策については各学校に任せている」と回答。サングラスについては「使用許可を求める声は特に聞こえてこない」という。

そもそもサングラスについては使用許可を求めるのさえためらわれる状況なのだ。部活動でサングラス姿の生徒は1人もいないし、教員の大半もサングラスを掛けていない。こんな状況で保護者が「うちの子どもにはサングラスを認めてください」などと訴えたら、学校側は間違いなく戸惑うだろう。

http://president.jp/articles/-/22758

続きを読む

<今夏の甲子園も女子マネにNG!>「人工芝部分での活動に制限」に抵触、池永太、国家社会主義ドイツ労働者党

1 :Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/04(金) 13:11:34.44 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/rfozimY.jpg 第99回全国高校野球選手権(7日開幕、甲子園)の甲子園練習が4日、行われ、東東京・二松学舎大付の女子マネジャーが練習開始前、グラウンドへ飛び出すナインの列に加わったところ、関係者からNGを出される一幕があった。

 甲子園練習では写真撮影などのために数度”飛び出し”の練習を行うが、その時に注意を受けた。サイレン音と同時に飛び出す、本番の列には加わらなかった。

 昨夏甲子園では、ユニホーム姿で練習参加した大分の女子マネジャーが制止されて物議を醸した。昨年9月の日本高野連による全体審議委員会では、条件付きで認める意見と反対意見とが半々に分かれたが、10月には参加方法を検討する方針に。11月に春夏の甲子園練習に関して容認することを全会一致で決定した。

 危険防止のため、ヘルメット着用で外野ノックのボール渡しや、ベンチ前での用具整理など人工芝部分での活動に制限。男子部員との見分けが難しいため、学校のジャージー着用も必須とされた。今春センバツから条件付きでの練習補助が解禁され、ベンチ前でのタイムキーパーや、外野ノックのボール渡しを務めるマネジャーが複数見られた。

 今回は「人工芝部分での活動に制限」の部分に抵触するため、注意を受けたものとみられる。二松学舎大付野球部では初の女子マネジャーとなった鈴木沙耶さん(3年)は「練習参加していいという事だったので…」と戸惑いの表情。それでも憧れていたグラウンドに立ち「甲子園で(選手が)みんな楽しそうだったので良かった」と笑顔を見せた。2年生マネジャーの井上莉緒さんも「テレビで見ている球場。広大だなと思いました」と驚きを口にしていた。

8/4(金) 12:28配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-00000073-sph-base

続きを読む

この糞暑い中、子供達を無理やり外で動かす甲子園はバカなの?なんで批判されないの?、あるんだろ!!

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/D0IWuzK.jpg
野球ファンが待ちに待った「夏の甲子園」が、いよいよ7日に開幕を迎える。
猛暑の中、49校の頂点を目指す高校球児たちが、今年もまた熱戦を繰り広げることだろう。
全国高校野球選手権大会は、今年で第99回。夏の甲子園の華やかさは変わらないが、その水面下でいま、高校野球界に大きな衝撃が走っている。

高野連(日本高校野球連盟)が毎年発表している野球部員数。これが今年、大幅な減少を見せたのだ。
2017年の男子硬式野球部部員数は、16万1573人、前年から6062人(3.6%)減った。
新入部員である1年生は5万4295人、3111人(5.4%)の減少だ。

この連載でもすでにふれたとおり(「競技人口減」で先が見えない日本野球の現在)、小学校、中学校の軟式野球人口は激減している。

2016年の競技人口は2007年と比較して小学生(スポーツ少年団、軟式野球チーム)は33%、中学生(中体連、軟式野球部)は39%も減少していたが、
そんな中で高野連発表の男子硬式高校野球部員数だけは昨年までは横ばいといってもいい0.6%の減少だった。

「不自然」な硬式野球部員の比率

総務省の統計では2015年10月の15〜19歳の男子人口は、2006年10月から5.6%減少している。
そんな中で高校野球の競技人口だけが減っていない。
結果として、男子高校生に占める硬式野球部員数の比率は年々上昇し「不自然だ」という声が上がっていた。
これもすでに紹介したとおり、高校野球の競技人口には、女子部員が8%程度含まれている。

また、高校1年で野球部に入った生徒が、3年まで続ける「継続率」は。2007年81.4%だったが、2016年には90.1%に上昇した。
「途中でやめなくなった」ことで、部員数が減らなかったとされる。

さらに軟式野球ではなくリトルシニア、ボーイズなどの小中学校の硬式野球人口は減っていない。彼らの多くは高校野球に進む。
そういう形で昨年までは「高校野球の競技人口は減っていない」ということになっていたが、今年になって数字の上でもいよいよ退潮が明らかになった。

「夏の甲子園」の陰で危うい高校野球の将来
http://toyokeizai.net/articles/-/183007

続きを読む

ひでーなw^^^、甲子園に行ける確率 激戦地 神奈川189校参加 大阪176校 鳥取は参加25校で甲子園

1 :名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ [IN]:2017/07/11(火) 22:06:24.51 ID:6FY8YXOv0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/b1dOfaj.jpg
高校野球 地方大会の参加校は14年連続で減少

参加校が最も多いのは神奈川の189校で、愛知の188校、大阪の176校と続いています。
最も参加校が少ないのは鳥取の25校です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170706/k10011046931000.html

続きを読む