こだわった!!、現代の「コンコルド」、日本の空に JALが超音速旅客機導入へ 所要時間は半分未満に短縮

1 :(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/12/07(木) 13:05:49.40 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/s84MBQg.jpg 超音速旅客機が、そう遠くない時期に日本の空にお目見えすることになりそうだ。

日本航空(JAL)が2017年12月5日、超音速旅客機の開発を進めている米ベンチャーのブーム・テクノロジー社と資本業務提携したと発表。
2020年代半ば以降の就航を目指す。巡航速度はこれまでの航空機の2倍以上で、中長距離路線の所要時間が大幅に短縮されそうだ。

かつては「コンコルド」が世界最速の翼だとされ、JALは1965年に3機仮発注したが、騒音問題などが原因で後にキャンセルしたという経緯がある。

ブリティッシュ・エアウェイズやエールフランスが運航を続けてきたが、燃費の悪さなどを理由に全機が2003年に退役。
デモフライトやチャーター機として日本の空港に飛来したことはあったが、外国航空会社を含めてコンコルドが日本の定期路線に就航することはなかった。

今回の資本業務提携では、JALがブーム社に1000万ドル(約11億円)を出資し、20機分の優先発注権を得る。

JALは「現在の航空機とは異なる『超音速機』による運航を目指すことで、お客さまへ従来とは全く違う『時間』を提供できる未来を創造すべく、協業してまいります」
としており、所要時間の短縮で付加価値をつけたい考えだ。

JALの発表やブーム社のウェブサイトによると、開発中の超音速旅客機の巡航速度はマッハ2.2(時速2335キロ)。
コンコルドはマッハ2、現在の航空機の速度はマッハ0.85だ。

単純計算すれば所要時間は半分未満に短縮されることになり、ブーム社は7時間かかるニューヨーク-ロンドン間が3時間15分に短縮されると説明している。

コンコルドが退役する原因になった燃費の悪さも「画期的な空気力学的なデザインや最新式のエンジン」などで改善したと説明。
運賃もコンコルドより75%安く、今の飛行機のビジネスクラスの水準にできるとしている。

ビジネスクラス仕様の45〜55席を備え、航続距離は8334キロ。
東京からサンフランシスコ(5130マイル=8260キロ)まではかろうじて航続距離内だが、ヘルシンキ(5229マイル=8415キロ)は厳しそうだ。
モスクワ(4664マイル=7500キロ)、米西海岸、東南アジア、オーストラリア、インド路線などで活躍しそうだ。
18年末までに最初の試験飛行を目指す。

https://www.j-cast.com/2017/12/06315861.html?p=all

画像(提供:JAL)
https://www.j-cast.com/assets_c/2017/12/news_20171206185535-thumb-645xauto-127751.jpg
https://www.j-cast.com/assets_c/2017/12/news_20171206185557-thumb-645xauto-127752.jpg

続きを読む

縄文時代や弥生時代の人って現代の俺らと会話できるの・・・?、東京都、テルアビブ

1 :名無しさん@涙目です。:2017/12/04(月) 02:12:28.79 ID:/YKwZLiK0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/W3ApT0Y.jpg

大阪和泉市 日本唯一の弥生文化博物館で日本ムラ社会の発展を知る
https://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00486/

続きを読む

偽物かな#!、アベンジャーズとはどう違う?「ジャスティス・リーグ」は、痛快な現代の神話!

1 :shake it off ★:2017/11/17(金) 13:52:02.36 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/I5sBkkW.jpg 映画『ジャスティス・リーグ』(11月23日公開)はバットマンやワンダーウーマンといったアメコミヒーローたちが結集し、チームを組んで戦うスーパーエンタテインメントです。

「あれ? それって、“アベンジャーズ”とどう違うの?」と思う方もいるかもしれませんが、アベンジャーズは、マーベルというアイアンマンやスパイダーマンを所有するアメコミブランドのチームで、このジャスティス・リーグはDCというスーパーマンたちが所属するアメコミのグループです。
大雑把に言うと、ヒーローというタレントを抱える芸能事務所が2つあって片やアベンジャーズ、もう一方がジャスティス・リーグをデビューさせたと思ってください(笑)。コミックスではジャスティス・リーグが先に誕生しましたが、映画はアベンジャーズが先に公開となりました。

ジャスティス・リーグのメンバーは、犯罪者と戦ってきたバットマン、無敵の女戦士ワンダーウーマン、超高速で動くことの出来るフラッシュ、海底王国の王子アクアマン、そしてメカ人間サイボーグです。物語では、宇宙から脅威がやってくることを知ったバットマンが、彼らをスカウトし、その脅威に立ち向かう姿を描きます。すごくシンプルでわかりやすい展開ですが、個性的なキャラたちが繰り広げるドラマが面白いのです。

続きを読む

現代と過去を行き来OK 便利化するタイムスリップドラマ、やばすぎ╭(´・⊖・`)╮

1 :江戸領内小仏蘭西藩 ★:2017/11/05(日) 20:36:37.01 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/RQ27iBq.jpg 現代と過去を行き来OK 便利化するタイムスリップドラマ
2017.11.05 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20171105_626841.html
https://parts.news-postseven.com/picture/2017/11/ashigairl.jpg

 主人公がタイムスリップするというのは、ドラマではよくある設定だが、ここ最近、それが進化しているという。いったいどうなっているのか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 現在、毎週土曜夕方に『アシガール』(NHK)が放送され、主演・黒島結菜さんの天真らんまんな演技が人気を集めています。

 同作は、女子高生の唯(黒島結菜)が弟の発明したタイムマシンで戦国時代にタイムスリップしてしまうシーンからスタート。これまで、医者が幕末にタイムスリップした『JIN -仁-』(TBS系、2009、2011年)、
シェフが戦国時代にタイムスリップした『信長のシェフ』(テレビ朝日系、2013、2014年)、男子高校生が戦国時代にタイムスリップした『信長協奏曲』(フジテレビ系、2014年)がありましたが、
『アシガール』は「女子高生がタイムスリップする」という新たなパターンです。

 最大の特徴は、唯が戦国と平成の世を行き来できること。これは『13歳のハローワーク』(テレビ朝日系、2012年)、『時をかける少女』(日本テレビ系、2016年など)で見られたタイムスリップのパターンですが、
今作は「でんでん丸」「まぼ兵くん」などの弟が発明した人を殺さない武器を戦国時代に持ち込む、という遊び心が追加されています。

※ 全文は記事でご覧下さい。
http://www.news-postseven.com/archives/20171105_626841.html?PAGE=2
http://www.news-postseven.com/archives/20171105_626841.html?PAGE=3

続きを読む