4K・8K放送開始まで1年 総務相「国民へ周知を」、ギョギョ$+$

1 :ノチラ ★:2017/12/01(金) 14:06:38.92 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/4HNvr5J.jpg 民放や電機メーカーなどでつくる放送サービス高度化推進協会(A—PAB)は1日、4K・8K放送の開始1年前の式典を開いた。出席した野田聖子総務相は視聴できるようになるコンテンツや対応テレビなどの情報について「国民への周知を徹底してほしい」と関連団体・企業に訴えた。

式典にはNHKや日本民間放送連盟、電子情報技術産業協会(JEITA)の代表者らが集まった。2018年の12月にBSやCS110度での4K・8K放送の開始に向け、コンテンツの準備やテレビなど対応機器の販売に注力すると改めて誓った。

 参加者が指摘した課題のひとつが「対応テレビなどの普及」だ。4K対応テレビがあっても4Kの衛星放送は見られず、専用チューナーが必要になる。チューナーは18年半ばに発売される予定。8K対応テレビは12月に発売されるが、どこまで普及するか不透明だ。

 民放連の井上弘会長は「映像制作陣はどんな映像が4Kにふさわしいか様々な努力をしている。ただ、やはり受信機の普及が必要だ」とメーカーに協力を呼びかけた。

 BSなどでの4K・8K放送は新しい衛星電波を使うため、一部の視聴者はパラボラアンテナや家庭の配線などを交換する必要がある。1年後のスムーズな4K・8K放送の開始に向け、取り組むべきことは多い。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24136790R01C17A2X30000/

続きを読む

安倍首相所信表明について 志位委員長「国民の不安、批判に耳を傾ける姿勢が感じられない」と批判、槙野 智章、試合

1 :じゅげむ ★:2017/11/18(土) 13:16:25.95 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/lgfN9E0.jpg  日本共産党の志位和夫委員長は17日、国会内で記者会見し、同日の衆院本会議での安倍晋三首相の所信表明演説に対する受け止めを問われ、
「中身がなく、空疎で、『嫌々やっている』ようなものだった。国民に語るべきものがまったくなく、まともに野党と議論する姿勢もない演説だった」と述べました。

 志位氏は「この国会では、何よりも森友・加計疑惑など一連の国政私物化疑惑が大きなテーマだが、総理は疑惑について『丁寧に説明する』と言いながら、所信では一言もふれず、『も』の字も『か』の字もなかった」と指摘。
さらに、安倍首相が「北朝鮮情勢」や「少子高齢化」を挙げて「国難」を突破すると述べたものの、「どう突破するのかについて、まともな方策は一切語られなかった」と語りました。

 安倍首相が「『安定的な政治基盤のもとで政策をひたすら実行せよ』。これが総選挙で示された国民の意思だ」と述べたことについて問われ、
志位氏は、「今度の選挙では民意がさまざまな形で示されているのに、安倍首相は選挙で多数をとったのだからあとは問答無用でことを進めるという姿勢だ。国民の不安、批判に耳を傾ける姿勢が感じられない」と批判。
「たとえば沖縄では1、2、3区で『オール沖縄』の勢力が勝利し、辺野古新基地反対の審判がはっきり下された。ところが安倍政権は総選挙の2週間後に新たな護岸工事を始めた」と述べ、
「国民が全権委任、白紙委任を与えた選挙結果ではない。しのごの言わせずにやるという姿勢では、大きな矛盾、批判が広がっていく」と強調しました。

 志位氏は、来週予定されている代表質問で、国政の基本問題について、首相の姿勢をただしていく決意を述べました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-11-18/2017111801_02_1.html?_tptb=032

続きを読む

Slack、初冠雪、<加藤浩次>希望の党をめぐる報道を反省 !国民とマスコミとの間に認識の乖離があるとし「我々もちょっと考えなきゃ!」

1 :Egg ★ :2017/10/30(月) 17:58:44.33 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/A3Th0B4.png 30日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)が、衆院選での希望の党の失速理由を有権者に調査。意外な結果に加藤浩次は、国民とマスコミとの間に認識の乖離があるとし、「我々もちょっと考えなきゃいけないな!」と襟を正した。

番組では、衆議院選挙で発足当初に期待を集めた希望の党が、さほどふるわなかった理由を有権者へ調査した結果を発表した。小池百合子代表は東京都知事の仕事を優先すべきだった、とする考えが28.9%を計上し、1位となっていた。

希望の党といえば、同党の選挙公認を求めた民進党議員に対し、小池代表が思想を同じくしない者の「排除」を明言したことがきっかけで、一気に失速したと報じる向きが多かった。しかし、不振の理由に「排除」発言を挙げる割合は27.1%にとどまった。

読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏は「ちょっと意外」と評した上で、「私は絶対1位が『排除』発言だと思ってた」とコメントする。すると加藤は「一番分かりやすいところで、『排除』発言が(失速の)境目だってマスコミが言ってるだけで、国民はそう思ってなかったってことですよ!」と、マスコミのズレを批判したのだ。

続けて、加藤は「都知事しっかりやってくださいよ」という思いの方が、「排除」発言を批判する人より多かった結果をふまえ、「我々もちょっと考えなきゃいけないな!」と声を張り上げていた。

2017年10月30日 11時19分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13820033/

写真
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/7/671570416f147b346ede36df1e46a690.jpg

【ラジオ】<加藤浩次>RIZAPで激やせの森永卓郎氏に指摘!「昔の方がいい」「元気がねぇんだもん」「張りがねぇ」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1509311954/

続きを読む

つまりそ( ・_・)ノΞ、経団連会長「安倍政権には国民の痛みを伴う改革をやって頂きたい」 衆院選の結果を歓迎

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Gf7gizg.jpg
経団連会長「痛み伴う改革を」

経団連の榊原会長は23日の記者会見で、衆議院選挙の結果について、安定的な政権基盤が
維持されたとして、歓迎する意向を示すとともに、今後、財政再建に向けた消費税率の引き上げや
社会保障制度の改革などを求める考えを示しました。

この中で榊原会長は衆議院選挙の結果について「安定的な政権基盤が維持、強化されたということは、
政策の継続や着実な実行に資するものだ」と述べ、歓迎する意向を示しました。
そのうえで、榊原会長は「国民の痛みを伴う思い切った改革は、安定的な政権基盤がないとできない。
消費税は増税しないと財政を再建できないので、勇気を持ってやって頂きたい」と述べ、消費税率の
引き上げや社会保障制度の改革などを求めました。

また、憲法改正に向けた議論について、榊原会長は「改憲論議も重要だが、経済界としては、
経済最優先の政策運営を基本姿勢としてやっていただきたい」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171023/K10011194661_1710231743_1710231744_01_02.jpg

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171023/k10011194661000.html

続きを読む

日本、ロイター、希望・小川淳也「安倍みたいな生活感のないやつが政治をするから国民が報われない」

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Zae4P6F.jpg
■小川淳也・元民進党役員室長(発言録)

安倍(晋三)さんたちから最も感じられないのが、生活のにおいなんだ。国民の暮らしの実感なんだ。
やれ憲法改正だ、やれ集団的自衛権だ。国民の暮らしと直結していない。やっぱりこれは特別な家で
育った、特別な環境で育ったサラブレッドの限界だと思う。生活の不安を感じたことがない。お金の心配
をしたことがない。そんな人たちばかりが政治をしているから、普通の国民は報われることはないんだ。
(高松市内の街頭演説で)

http://www.asahi.com/articles/ASKBM56NCKBMUUPI002.html?iref=comtop_list_pol_n03

続きを読む

民進党の「選挙後に復帰再結集」発言・・「国民を欺くような人たちに日本を任せる訳には行かない」、公明党山口代表が批判、アーロン・ジャッジ、写真編集

1 :かぜのこ ★ :2017/10/15(日) 14:50:10.78 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/k25lToH.png 「民進党は不滅」で波紋 参院会長驚きの発言

党が分裂して、選挙戦に突入した民進党。
ここに来て、参議院側の幹部から飛び出した「再結集宣言」が、新たな火種になろうとしている。

安倍首相と共に、鹿児島で街頭に立った公明党の山口代表。
「民進党は、この選挙で消えたと思ったら、参議院にまだ残っていた。その参議院の人が、きのう、きょうあたりから、
 『選挙が終わったら、またよりを戻そう』。そんなことを言い出している。そんな国民を欺くようなことをやっている人たちに、
 これからの日本を任せるわけにはいかない」と述べた。

山口代表が厳しく批判したのは、民進党の小川敏夫参議院会長が言及した、民進党再結集の動き。
小川氏は12日、希望の党からの立候補者などに対し、選挙後に、民進党への復帰を呼びかける考えを示した。

今回の選挙で、民進党は、希望、無所属、立憲民主、そして参議院議員が残った民進党に事実上分裂。
前原代表は9月、選挙後に、残った民進党全体で希望の党に合流する考えを示していた。

ところが小川氏は、この前原代表の方針を否定。
小川氏は「希望(の党)に行った前原さんが民進党の代表で、民進党を管理するのはおかしい」と述べた。
さらに、民進党内からは、参院議員を中心に「党を壊した前原代表は、完全に終わりだ」などの厳しい声が上がっている。

これに対し、立憲民主党を立ち上げた枝野代表は、12日に放送したフジテレビの「プライムニュース」で、
「選挙が終わりましたから『元サヤ』に戻りますという話ではない」と、民進党への復帰は否定した。

こうした中、ある与党幹部は「希望の党は、そのうち分裂してなくなるだろう。それよりも、立憲民主が一番勢いがある」と語っている。

 (※詳細・全文は引用元へ→ フジテレビ 17/10/13 19:58)
https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00373324.html

続きを読む

<有村架純>初の国際映画祭で“国民の妖精”と紹介される、神宮寺っ$+$

1 :Egg ★ :2017/10/16(月) 00:15:01.63 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/WJ7UQgY.jpg 現地時間13日、第22回釜山国際映画祭で「ガラ・プレゼンテーション」部門に正式招待された『ナラタージュ』の記者会見が行われた。
同映画祭には何度も参加している行定勲監督と、今回が国際映画祭への参加が初めてとなるヒロイン役の有村架純が登壇した。

本作は、「この恋愛小説がすごい!」の2006年版で1位となった島本理生の恋愛小説「ナラタージュ」を、恋愛映画の名手である行定勲監督が映画化。
主演に嵐・松本潤を迎え、ヒロインの有村架純との切なくも危ういラブストーリー。

司会のカン・スヨン執行委員長から「国民の妖精とも言われているそうですが、声も美しいですね」と紹介された有村は、
「初めて海外の映画祭に参加させていただくので、とても楽しみにしていました。この作品が韓国のみなさんにも映画の余韻を楽しんでもらえたらと思います」と挨拶した。

続いて紹介された監督は、『ひまわり』(2000)が第5回釜山国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞している。その際の審査員だったのが、司会を務めるカン・スヨン執行委員長だという。
そんなこともあり監督は、「釜山は毎年のように来たい映画祭だ」と語り、「世界の人たちに観てもらう窓を開いてくれるのがここ、釜山だと思っています」と挨拶した。

今年も新作の『ナラタージュ』で釜山国際映画祭に参加できたことがとてもうれしいと語る監督は、「『ニュー・カレンツ』部門で批評家連盟賞を受賞していなかったら、
今の僕のキャリアは築けなかっただろうと思います。釜山国際映画祭は国際的な活動をするため、そして世界に映画を観てもらうための扉を開いてくれる場所です。

だからこそ、これからも釜山国際映画祭を応援したい。
そして新作が出来たら必ずここ、釜山に戻って来たいです」と語り、釜山は第二の故郷と言っても過言ではないと、本映画祭への想いを伝えた。

また、本作の企画ができたのは2005年だと明かした監督。実現まで10年以上かかった理由について「恋愛劇は身近にある出来事を映画化するため、
俳優が演じる感情の揺れがとても重要だ」と語り、演じる側にも過酷さを強いるため、俳優の選択が困難だったという。

ヒロインを演じるに値する女優になかなか出会えなかったところ、有村に出会ったという。
「まだデビューしていなかったのですが、有村さんにこの役をお願いすることになって、やっと映画がスタートした」と作品への思いを語った。

難しい役どころについて有村は「壊れるほど相手を想うことは、わたし自身はまだ経験したことのない感情でしたので
松本潤さんが演じる葉山先生への気持ちを持ち続けること、ただただ相手を想い続けることに集中しました」と撮影当時を振り返った。

また「セリフだけで感情を読み取る映画なので当時23歳だったわたしには演じるのが難しいと感じていました。でもとても美しい映画にしてくださった監督に感謝しています」語った。

つづく

シネマTODAY
https://www.cinematoday.jp/news/N0095312

続きを読む

アレックス・ラミレス、ジープ・コンパス、ビートたけし 今回の衆院選をバッサリ「国民のための選挙なわけねぇ!」

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/10/02(月) 12:02:49.38 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/oG62ISt.jpg 2日放送の「おはよう、たけしですみません。」(テレビ東京系)で、ビートたけしが、今月10日公示予定の衆議院選挙に「国民のための選挙なわけねぇ」と意見を述べた。

今月2日〜6日限定で、たけしが朝の生放送のMCを務めるこの番組。初回の2日には東京都北区にある十条銀座商店街と中継をつなぎ、中川聡アナウンサーが惣菜屋の店主に話を聞いていた。

店主が、スタジオのたけしに向かって「選挙、今盛り上がっていると思うんですけど、国民のための選挙なのか、得する人が変わるだけの選挙なのか。たけしさん、どう思いますか?」と質問をぶつけた。

10日公示・22日投開票となった今回の衆院選。現東京都知事の小池百合子氏が国政政党の新党・希望の党を結党すると、野党第一党であった民進党の一部が合流の動きをみせるなど波乱含みとなっている。

たけしは、店主の質問に「国民のための選挙なわけねぇじゃねえか!」と応じ、「要らねぇんだよ、国会議員なんてのは!」と言い放った。
爆笑問題・太田光が「小池(百合子知事)のための選挙だよ」と口を挟むと、たけしは「(国会議員は)3人ぐらいいりゃいいんだよな!大体な」と斬り捨てていた。

2017年10月2日 11時5分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/13692015/

続きを読む

安倍政権は国民のことなんかこれっぽっちも考えていないのだ。、よく嫌儲の低!?

1 :名無しさん@涙目です。:2017/09/19(火) 20:52:47.55 ID:DSHvJq+y0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/wsLFcow.jpg
2017.09.18(月)
史上最低の「セコっち解散」

耳を疑うような話だが、内閣改造して、仕事人内閣なんて言っておいて、まったく仕事をしないまま、改造直後の臨時国会もやらずに、解散総選挙をするという。

しかもJアラートを鳴らして、さんざん北朝鮮の危機を煽っておきながら、まだ戦争の危険もある中で、選挙にうつつをぬかそうと言うのだ。

安倍政権の敵は北朝鮮ではなくて、弱体化した野党らしい。
国民のことなんかこれっぽっちも考えていないのだ。
ただただ、政権を延命したい。
自己保身のためだけに国税使って解散総選挙したいというあまりにセコイ発想。

この国民を愚弄する、史上最低、史上最もセコい「セコっち解散」を表現するネーミングを、みんなで
考えてくれ。

https://yoshinori-kobayashi.com/14022/

続きを読む

衆院解散強まる 「北朝鮮」長期化にらみ 危うい政治空白 「政権維持優先」の思惑が透ければ、国民の支持は離れかねない、アーモンドグリコ、日本

1 :(^ェ^) ★:2017/09/18(月) 08:54:27.54 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/8uNLyrT.jpg https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000006-mai-pol

 北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射を繰り返し、米国は軍事オプションも排除しない対応の検討を続ける中、安倍晋三首相が衆院解散に踏み切れば、日本政府は外交など当面の対応が制約される。それでも安倍政権は、来年以降は北朝鮮情勢がさらに緊迫し、解散のタイミングを失いかねないと判断。今のうちに政権基盤を固めようと狙うが、解散による政治空白に批判が起きるのは必至だ。

 北朝鮮は先月29日と今月15日、日本上空を通過する弾道ミサイルを発射し、今月3日には6回目の核実験を強行。繰り返される挑発に国民の不安は大きく高まった。首相は17日、拉致被害者家族と面会し、「北朝鮮の暴挙は容認できない。国際社会が最大限の圧力をかける必要がある」と訴えたが、挑発を止める有効策を持つには至っていない。

 安倍政権は当面の情勢について、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)などの開発を続ける一方、米国も軍事面も含めた対応を模索し、状況が膠着(こうちゃく)すると予測。政府関係者は「米朝がこの1〜2カ月で急に軍事行動に出ることはないだろう」と話し、政府高官も「事態が一層緊迫するのは年末以降」とみる。

 このため首相は北朝鮮問題が長期化すると判断し、早期解散へ傾いた。「来年以降の方が情勢は厳しくなる」(外務省幹部)との見方もあり、首相は17日会談した自民党の塩谷立選対委員長に「長期戦となると、(解散の)判断が難しくなる」と説明した。

 首相側近の萩生田光一幹事長代行は「戦後初の危機が迫る中で、安全保障法制がどう働くかを含めて国民の理解が必要だ」と記者団に強調。北朝鮮問題を機に、根強い批判がある安保法制の「成果」を争点化する狙いもうかがわせた。

 首相は18〜22日には訪米して国連総会に出席し、トランプ米大統領らと会談。外交・安全保障で有権者にアピールし、再び政権基盤を固めるシナリオだ。だが北朝鮮が核実験やミサイル発射を繰り返す中、衆院選は事実上の政治空白を作りかねない。政権は「選挙中も北朝鮮にはしっかり対応する」と言えば乗り切れると踏むが、大義名分の裏にある「政権維持優先」の思惑が透ければ、かえって国民の支持は離れかねない。【高山祐、仙石恭】

参考
【朝日新聞】森友・加計問題 有権者から厳しい声「論戦しないのか」「民進党がゴタゴタするのに乗じて党利党略のみを考えた行動だ」 [無断転載禁止]©2ch.net
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505691800/

続きを読む