部員が飲酒喫煙で無期限活動停止の仙台育英、佐々木監督の辞任を発表、高麗屋、イスラエル

1 :あちゃこ ★:2017/12/10(日) 15:48:09.38 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/dB6xVji.jpg  春夏通算で38度の甲子園出場を誇る仙台育英(宮城)は10日、同校で記者会見を開き、
野球部の佐々木順一朗監督の辞任と須江航新監督の就任を発表した。

 仙台育英野球部では、現役2年生部員3人と引退した3年生3人の計6人が、先月末に飲酒と
喫煙をしていたことが発覚。3年生1人は急性アルコール中毒の疑いで緊急搬送されていた。
引退した3年生2人が同席していた剣道部とともに、今月6日から無期限活動停止処分となっている。

 佐々木監督は1995年から同校の監督を務め、2001年に不祥事で1度は辞任したものの、
2003年に復帰していた。須江新監督は仙台育英学園秀光中等教育学校で軟式野球部の監督を
務めている。

Full-Count編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00097253-fullcount-base
辞任を表明した仙台育英・佐々木順一朗監督(中央)【写真:高橋昌江】
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171210-00097253-fullcount-000-2-view.jpg

続きを読む

日本、中川 翔子、練習中に打球が頭部直撃 横浜隼人高の1年生の野球部員、意識不明の重体

1 :かばほ〜るφ ★ :2017/12/08(金) 21:25:57.78 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ew9M0ZK.jpg 横浜隼人高野球部員、練習中に打球が頭部直撃…意識不明の重体
2017.12.8 20:01

甲子園に出場経験がある横浜隼人高校(横浜市瀬谷区)の硬式野球部で11月、
打撃練習中に1年生の男子部員の頭に打球が直撃し、
意識不明の重体になっていることが8日、高校への取材で分かった。

高校によると、校内のグラウンドで11月25日午前、打撃投手を務めていた部員の右後頭部に、
打者が打ち返したボールが当たった。
救急搬送され、現在も集中治療室(ICU)で入院中だが、容体は安定している。

部員は頭を守るヘッドギアを着用し、前方には防護用ネットも設置していた。
練習には部員約30人が参加し、コーチ1人が指導していたという。

神奈川県高校野球連盟には事故の概要を報告。他の野球部員にも事情を説明したという。

部長を務める榊原秀樹教諭は取材に「責任を感じており、再発防止に努めたい」と話した。

サンスポ
http://www.sanspo.com/baseball/news/20171208/hig17120820010002-n1.html

続きを読む

言っても桐蔭$+$、来夏の第100回記念大会、神奈川は「南・北」に分けて開催…南に横浜、北には東海大相模

1 :かばほ〜るφ ★ :2017/11/24(金) 18:47:50.60 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/1t7DcB3.jpg 来夏の神奈川、南北2大会「過去実績かんがみて」 南に横浜、北には東海大相模
11/24(金) 16:30配信

来夏の第100回全国高校野球選手権記念大会の出場校を決める神奈川大会について、
主催者の神奈川県高校野球連盟と朝日新聞社は24日、県内を南北に分割し、
南神奈川大会と北神奈川大会に分けて開催すると発表した。
記念大会の特例で、神奈川からの甲子園出場枠が2校に増えるため。

来年度の県高野連加盟予定校は194校で、南神奈川は今夏甲子園に出場した横浜など96校、
北神奈川は2015年夏に全国制覇した東海大相模など98校。

南北の地区割りは、南神奈川が南横浜地区(横浜市瀬谷、保土ケ谷、西、中、泉、戸塚、南、港南、
磯子、栄、金沢の各区)▽横須賀地区(横須賀市など)▽湘南地区(藤沢市など)▽西湘地区(小田原市など)。

北神奈川は、北横浜地区(横浜市青葉、都筑、港北、鶴見、緑、神奈川、旭の各区)
▽川崎地区(川崎市全域)▽北相地区(相模原市、厚木市など)で構成される。

やはり南北2大会方式だった2008年の第90回大会で北神奈川に入っていた
横浜市瀬谷区が南神奈川に移ったほかは、南北の線引きは第90回大会を踏襲した。

1998年の第80回大会では県を東西に分割して神奈川大会が実施されたが、
県高野連は「学校数のバランスを考慮し、過去の実績にかんがみて『南北』にした」としている。

今夏の神奈川大会の8強は、南神奈川に横浜、日大藤沢、相洋、立花学園、
北神奈川に東海大相模、日大、桐光学園、慶応と、南北に4校ずつ。
今秋の県大会の8強は、南神奈川に鎌倉学園、横浜隼人、磯子、藤嶺藤沢、横浜の5校、
北神奈川に東海大相模、慶応、桐光学園の3校となっている。

また、第90回大会から今夏の第99回大会まで過去10年の神奈川大会の優勝校・優勝回数をみると、
南神奈川は2校で計6回、北神奈川は3校で計5回となっている。(飯塚直人)

11/24(金) 16:30配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000053-asahi-spo
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171124002184_comm.jpg

来夏の神奈川、南北両大会の出場予定校の一覧 高校野球
http://www.asahi.com/articles/ASKCS4QGCKCJULOB011.html

続きを読む

来春センバツからタイブレーク制導入決定 延長十三回から、ウッはー(っ’-‘)

1 :あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/09/19(火) 16:32:21.22 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/5GKt43m.jpg  日本高野連は19日、大阪市内で来春の第90回選抜高校野球大会の運営委員会を開き、
同大会から延長戦でのタイブレーク制導入を決めた。延長十二回までは通常の試合を行い、
決着が着かない場合は延長十三回からタイブレーク制とする。走者など状況は今後協議される。

 甲子園でのタイブレーク制導入は、選手の健康を管理するために、以前から何度も
議論されてきた。

 しかし、「人為的な形で3年間の高校野球生活の決着をつけるのはどうなのか」、
「延長戦での名勝負がなくなる」などの意見が多く、保留されてきた。

 否定的な流れは、今春選抜をきっかけに導入へと傾いた。春夏通じて史上初めて1大会で
2試合が延長引き分け再試合となり、甲子園でも導入に賛成する意見が増加した。

 日本高野連は5月に47都道府県の高野連にアンケートを実施。回答の結果は
「おおむね賛成」が38連盟、「時期尚早」が2連盟、「回答なし」が7連盟だった。

 この結果を踏まえ、6月の技術・振興委員会で、高校、大学などの監督経験者ら11人の
委員が議論。健康管理として「投手の球数制限」、「投球回数制限」も検討されたが、
何人も投手がいる強豪校が有利になる可能性があるため、タイブレーク制の導入で意見が
一致していた。高校野球は大きな転機を迎えることになった。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000118-dal-base

続きを読む

幾度なく法╭(´・⊖・`)╮、野球部員の喫煙で出場を辞退 北海道の鵡川高

1 :あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/09/08(金) 13:37:40.97 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/jf104ef.jpg  北海道高野連は8日、部員による喫煙が判明したとして、北海道むかわ町の鵡川高が
秋季全道高校野球大会室蘭支部予選への出場を辞退したと発表した。同高は春の
甲子園大会に過去3度出場した強豪。

 同高によると、8月31日、野球部員が寝泊まりする寮内の部屋で、タバコが見つかった。
聴き取りの結果、3年生5人、2年生4人が喫煙を認めた。

 北海道高野連によると、室蘭支部予選は9日に開幕の予定だった。来春の選抜大会は
秋季大会の成績が重要な参考資料になるため、同高は来春の甲子園大会への道も
事実上閉ざされた。

共同通信
https://this.kiji.is/278736424545797621/amp?c=39550187727945729

続きを読む