元SMAP森且行さん、地上波「路線バス」に奇跡の出演で神回!、所詮、賭www

1 :砂漠のマスカレード ★:2017/10/22(日) 17:10:44.53 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/sXifpRv.jpg 元SMAPの事情が色々と騒がれている中、こちらの元SMAPである「森且行」が、路線バスの旅に出演しました。
この日徳光さん御一行が、川口オートレース場で、オートレースのガチ勝負という流れで、結果的に負けてはしましましたが、
めずらしく元SMAPの森且行さんが出演するという奇跡的な神放送となりました。ー久々の出演

本日突如出演したのは歌番組でもバラエティでもなく、なんと旅番組。テレビ朝日系「路線バスで寄り道の旅」にて川口オートレース場を訪れた徳光さん御一行。
結果は大敗ということでは有りましたが、その後オートレーサー控室を訪問し、なんと元SMAPの森且行さんが、館内放送で呼び出され、久々のテレビ出演となりました。

森さんは、ここの所ほとんどテレビに出ることがなかったため、希少な神回となったようです。
スラッとした細身の長身スタイルである森さんは、さすが元ジャニーズと言ったバツグンのプロポーションでファンを沸かせておりました。

しかし浮かない徳光さんは負けてしまった森さんに愚痴をこぼすという、いかにもらしい流れでした。
ネットでも久々の元SMAPの登場にネットでもおおいにツイートが寄せられております。

森くん、変わらないー??
相変わらずスタイル良くて、控えめで、カッコ良いわ(*≧∀≦*)

#路線バスの旅

? *:? ぴろりん ?:* (@pirorin1001) 2017年10月22日
森くん今だに格好良すぎるな!!!さすが元SMAPや!!

? さいとうさん(節??酒) (@kanata_t) 2017年10月22日
やっぱり森くんカッコイイなぁ〜(*´Д`*)?年取っても変わんない!素敵だ??

? ?なぁち? (@nna0622) 2017年10月22日

久々の元SMAPの森くん登場。そして

ユーチューバーを目指すなどあまりに衝撃的デビューだった元SMAP3人ですが

今後、森くんとのからみも期待したいところです。

2017.10.22 16:35 秒刊サンデー
http://dailynewsonline.jp/article/1368044/

続きを読む

長井秀和がドイツ人と再婚!美人局被害、カナダ人と不倫、離婚を乗り越え、日本、セントラル・リーグ

1 :湛然 ★:2017/10/22(日) 05:02:49.03 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/vZCOtIl.jpg 10/22(日) 5:00 サンケイスポーツ

長井秀和がドイツ人と再婚!美人局被害、カナダ人と不倫、離婚を乗り越え

 「間違いない!」のギャグで知られるお笑い芸人、長井秀和(47)が婚約中の英会話講師でドイツ人女性(29)と結婚していたことが21日、分かった。

 関係者によると、2人は12日に埼玉県内の市役所に婚姻届を提出した。お相手はショートカットの金髪美女。刺し身やわさびなど和食が好物で、日本文化になじんでいるという。昨年4月に共通の知人の紹介で知り合い、同7月ごろから交際に発展した。すでに同居中で女性は妊娠していない。長井の所属事務所はサンケイスポーツの取材に「結婚は事実です」と認めている。

 長井は昨年11月にこの女性との交際が報じられた際、2007年から1年の米ニューヨーク留学で鍛えた得意の英語で、「No doubt about it!(間違いない!)」と堂々宣言していた。

 長井といえば、2007年5月、フィリピンで17歳の少女をめぐる美人局被害に遭ったと報じられ、同10月にはカナダ人モデルとの不倫が発覚。翌08年11月には9年間連れ添った妻と離婚した。

 現在、長井は所属事務所主催のライブなどで爆笑ネタを披露する一方、企業の社員研修などの英会話講師としても活躍。さらに、5人組アイドル、Royal Straight Flushをプロデュースするなど精力的に活動中で、生涯の伴侶を得て再ブレークが期待される。

長井秀和(写真:サンケイスポーツ)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171022-00000502-sanspo-000-1-view.jpg
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000502-sanspo-ent

続きを読む

高橋克典、断食で11キロダイエットに成功「ほうれい線も消えた」、カロリーイコ??

1 :砂漠のマスカレード ★:2017/10/21(土) 15:44:10.25 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/gQcmrAU.jpg 21日に放送された日本テレビ系『メレンゲの気持ち』(土曜昼12時)に俳優の・高橋克典が出演。去年挑んだ断食ダイエットについて語った。

「グッと痩せたよね」と久本雅美から言われた高橋は、去年11キロ痩せたことを告白。ダイエットした理由としては、50歳を過ぎて代謝が悪くなり、体重が80キロ近くになってしまったためと話した。
方法としては「ファスティング、断食」で痩せたという。

1回目は3日間、2週間あけて2度目は7日間の断食に挑戦。
その間は「カラ酵素」という酵素ドリンクを1日6回飲んでいただけだという。
「7日間食べずにいて精神的におかしくならなかったのか」と問われた高橋は、「ものすごく(頭が)クリアになってきて」と告白。
「胃が完全に休んでいるので夜はよく眠れる」、「肌もピンク色になってきてほうれい線も消えていく」と、ダイエットで得られた体の変化も語った。

現在は毎日「いきなりステーキ」に行き、必ずヒレ肉を食べるという高橋。鉄分やタンパク質を摂取できるからと言っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13779542/
2017年10月21日 14時24分 RBB TODAY

http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/0/602f6_58_579550.jpg

続きを読む

人間離れだ^^^、落合福嗣がプロ野球選手に!?アニメ「グラゼニ」主人公の声に決定

1 :砂漠のマスカレード ★:2017/10/20(金) 07:00:21.95 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/wBnIxL6.jpg 元中日ドラゴンズ監督の落合博満氏(63)の長男で声優の落合福嗣(30)が、BSスカパー!の連続アニメ「グラゼニ」(来年春放送予定)の主人公・凡田夏之介役に決まった。

同局は19日、公式ホームページで、福嗣が主人公に扮したキービジュアルを公開。
原作者の森高夕次氏は「ユニホーム姿を拝見して、顔つきから体つきまでそっくりで驚きました。なにか運命的なものさえ感じます」と話している。

福嗣は中学時代に軟式野球チームで活躍していたが、高校在学中に野球を断念。
成人後は、かねて憧れていた声優を志し、2015年4月に声優事務所に所属。
同年6月にテレビアニメ「それが声優!」で本格デビューし、これまでにアニメ「灰と幻想のグリムガル」や映画「私立探偵ダークジェントリー」などに出演してきた。

漫画「グラゼニ」は「週刊モーニング」で連載中で、「カネ」をテーマに、プロ野球のシビアな世界、生活を懸けた選手の日常を描いた作品。
同局は福嗣の起用理由について「生まれながらにして野球と密接な環境で育った落合さんだからこそ、“グラゼニ”の世界観を深く理解し、凡田夏之介に命を吹き込んでもらえる」と説明している。

初主演となる福嗣は「グラゼニは元々興味があった漫画。妻から“あなたは夏之介に似てるから自然にやりなさい”とアドバイスを受けた。
生きるために働く。その価値観をこの作品を通して共感してもらえたらうれしい」と話している。

http://news.livedoor.com/article/detail/13772799/
2017年10月20日 6時30分 スポニチアネックス

http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/f/4fd70_929_spnldpc-20171020-0067-0.jpg

続きを読む

南海電気鉄道、国道29号、卒業間近の渡辺麻友、裏の顔はワガママ放題!? 愚痴、不機嫌モード、潔癖症…「そして爆発」

1 :砂漠のマスカレード ★:2017/10/17(火) 15:26:05.10 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/unqExbx.jpg まゆゆの愛称で親しまれ、AKB48からの卒業をすでに発表している渡辺麻友。
王道アイドルを貫き通した彼女にも、当然ながら裏の顔があるという。

「渡辺麻友は、初対面のスタッフを異常に警戒することでおなじみです。
顔見知りでないスタッフに『まゆゆ』と呼ばれると、楽屋裏でマネージャーに対して愚痴を言うという噂も。
また、潔癖症な面も有名で、撮影場所が汚いとあからさまに不機嫌モードになってしまうとか。
特に、野外での撮影では自分の姿を一般人に撮影されることを極端に嫌がるので、直ぐにロケバスに逃げ込めるように動線を作っておかないと大変だと聞きます」(週刊誌記者談)

王道アイドルならば、撮影裏でもしっかりとアイドルをしていると思っていたファンには残念なエピソードだが、そもそも彼女はすでに自分の中ではアイドルをとっくに卒業していたという。

「本人は、アイドルではなく女優業路線へとすでに気持ちを切り替えているようです。
プライベートで仲の良い指原莉乃が、自分とは真逆のバラエティタレントとしてアイドルの頂点を極めたのを目の当たりにし、アイドルとして成功することは数年前から諦めていたようです。
ただ、女優としてもなかなかうまくいかず、ドラマで主役を任されることも何度かあったのですがことごとく失敗している。
そういった中で、『AKB48のまゆゆ』でいる事がどんどんストレスに変わっていったようです」(週刊誌記者談)

その感情が爆発したのが、今年行われた総選挙だったという。

「渡辺は卒業発表を決めていたので、天気が大荒れだった沖縄でもいつになく上機嫌だったようです。
ただ、自分の卒業発表の前にNMB48須藤凜々花が結婚発表をして全てが台無しとなり、舞台裏で渡辺が激怒するという事件があったといいます。

結局は、AKSの幹部が事を収めたようですが、その後行われた沖縄での撮影では、
NMB48のメンバーと渡辺麻友を近づかせないように厳戒態勢がしかれていたという話があります」(スポーツ新聞記者談)

そんな荒れているまゆゆ、アイドルを卒業した後は、しっかりと女優として活躍できそうなのか?

「元々、宝塚の大ファンで演劇舞台も大好きな渡辺は、ドラマではなく舞台に挑戦したいと話しているという。
ただ、演技力が高いわけではないので、AKB48の肩書が無くなった時に果たして女優としてのオファーが来るのか? 
特に舞台は演技力やアドリブも求められるので、卒業後に大失敗をしてしまうことも予想されます」(アイドル雑誌編集談)

一から出直し、なんてことにならないといいが。

2017.10.17 08:00 トカナ
http://dailynewsonline.jp/article/1366033/

続きを読む

尾崎のヾ(⌒▽⌒)ゞ、斉藤由貴、32年続いた東宝カレンダーから外れる

1 :湛然 ★:2017/10/20(金) 04:59:27.52 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Q3KEXzw.jpg 2017年10月20日4時0分 スポーツ報知

斉藤由貴、32年続いた東宝カレンダーから外れる

 ダブル不倫騒動に揺れた女優・斉藤由貴(51)が、1952年の発売以来、65年の歴史を持つ東宝カレンダーの2018年版ラインアップから外れたことが19日までに分かった。

 系列の芸能事務所・東宝芸能に所属する女優らを中心に起用される東宝カレンダー。斉藤は、1986年から32年連続で登場していたが、少なからず今回の騒動が影響し、除外されたとみられる。
17年版のカレンダーには12月に登場する。

 18年版カレンダーのラインアップは以下の通り。

 1月 沢口 靖子
 2月 常盤 貴子
 3月 山村 紅葉
 4月 浜辺 美波
 5月 長澤 まさみ
 6月 上白石 萌音
 7月 山崎 紘菜
 8月 夏菜
 9月 上白石 萌歌
 10月 有村 架純
 11月 昆 夏美
 12月 水野 真紀

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171020-OHT1T50060.html

続きを読む

埼玉県第11区、土砂災害警戒情報、上西小百合、タレント転身も「全局が一斉出禁」の衝撃情報!

1 :砂漠のマスカレード ★:2017/10/22(日) 15:58:50.39 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/bJxXIuR.png 10月22日投開票の衆院選に出馬せず「タレント転身」を表明している上西小百合衆院議員。

2012年12月の当選以降、“国会サボり疑惑”はじめ今年に入っても“くたばれレッズ発言”など様々な話題を振りまいてきた上西氏だが、いよいよタレントとしてデビューを果たす。

これまでも「サンデー・ジャポン」(TBS系)などいくつかのテレビ番組でインパクトを残してきた彼女だけに、
タレント転身後も引く手あまたかと思いきや、業界内から手厳しい意見が聞こえてきた。

「先日の不出馬会見で『タレント転身』を明言したのは悪手だったとしか思えません」と語るのは広告代理店関係者だ。

「あの会見の後、各局で今後、彼女を番組に起用するリスクについて検討が進んでいるんです。
で、あるキー局関係者の中には厳しすぎるのではと思うぐらいの扱いを訴える人間もいるんですよ」

上西氏に対する“厳しすぎる扱い”とは?

「あくまでもタレントとしては『出禁状態にすべき』という見解です。
その理由は『国民の税金を使う議員の立場を利用して炎上騒動を繰り返し、知名度を高めた人を“タレント”として起用するのは社会通念上好ましくないのでは』ということ。
スポンサーの中にも同様の見解を持っているところが複数あって、議員時代のようにテレビに出ることは極めて難しいのではないかと思います」

これまでに1億7000万円とも言われる税金が彼女に投入されていたことを考えれば妥当な扱いのようにも思えるが、
さらにこの広告代理店関係者は「タレント・上西小百合」の今後について語る。

「視聴者からスポンサーに批判が殺到することが容易に予想でき『全局一斉出禁』の状態になることも十分にあり得る。
“タレント”と自称しなければ、ここまでの事態にはならなかったのですが…」

「タレント・上西小百合」の行く手には大きな壁が立ちはだかっているようだ。

2017年10月22日 9時59分 アサ芸プラス
http://news.livedoor.com/article/detail/13782211/

続きを読む

地方公共団体、衆議院議員総選挙、ドラマ「花より男子」広瀬すず主演でリメイク!?の噂 原作者は否定「なぜこんな話になっているのか…」

1 :muffin ★:2017/10/21(土) 15:58:36.44 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/wGEMJjW.jpg https://www.buzzfeed.com/jp/harunayamazaki/hanadan-remake
2017/10/21 13:37

発端になったのは10月18日付の日刊サイゾーの記事。
TBSドラマ関係者からの情報として、広瀬すず主演で「花より男子」が来年4月に再ドラマ化、F4のキャスティングが現在難航中……という内容でした。

ドラマ「花より男子」は2005年、2007年に放送。主人公・牧野つくしを井上真央、彼女を取り巻くF4を松本潤、小栗旬、松田翔太、安倍力が演じ、平均視聴率19.8%の大ヒットとなりました。

この一報にファンは大荒れ。
「やっぱF4はあの4人でしょ」「F4はいいけど、広瀬すずって…」などキャストへの不満や心配を口にする人が続々。
「花より男子はあの5人だったから面白かった」「リメイクするならキャストそのままで続編希望」の声も多く上がりました。

一時はTwitterでトレンド入りしたほどの大きな反響を受け、20日深夜、原作者の神尾葉子さん自らがツイート。
「花男ドラマのリメイク話とかないです。なぜこんな話になっているのか謎です…」

現段階では、少なくとも具体的な話は進行していないようです。
山崎 春奈 BuzzFeed News Reporter, Japan

https://img.buzzfeed.com/buzzfeed-static/static/2017-10/21/0/asset/buzzfeed-prod-fastlane-02/sub-buzz-26621-1508559662-1.jpg
https://img.buzzfeed.com/buzzfeed-static/static/2017-10/21/0/asset/buzzfeed-prod-fastlane-03/sub-buzz-10915-1508559109-1.jpg

続きを読む

ジョークじ(ᅙωᅙ)ふっふっふ、ジャニーズ、元SMAP対処組に対抗!木村拓哉、映画主演を重ね、ソロ歌手デビュー計画「木村はグループ1の音楽センスの持ち主」

1 :スタス ★:2017/10/20(金) 01:46:40.24 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/4ZkCp5L.jpg 木村拓哉とジャニーズ事務所の焦りが伝わってくるようだ——。

12日付スポーツ紙によれば、元SMAPの木村拓哉がまた映画に主演するという。人気小説家・東野圭吾氏原作の『マスカレード・ホテル』がそれで、木村は刑事役に挑戦する。
再来年の2019年公開となっており、これで今年の『無限の住人』、来年の『検察側の罪人』に続き、3年連続の映画主演となる。
かつてSMAPの“絶対的エース”として君臨したキムタクならではの活躍ぶりだが、芸能事務所関係者は次のように分析する。

「グループ活動中から俳優として活躍してきた木村ですが、解散後はバラエティ番組への出演をできるだけ控えて映画俳優としてのキャリアを積ませたいというのが、
藤島ジュリー景子副社長新体制のジャニーズの戦略。
スポーツ紙に木村について書かせる際には『元SMAP』と極力入れさせないなど、明らかにあの3人を意識して差別化を図っているように見えます」

“あの3人”とは、いうまでもなく元SMAPで9月にジャニーズを退所した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾らCULEN(カレン)組だ。

「元SMAPチーフマネージャーの飯島三智氏が設立した新会社CULENに稲垣、香取、草なぎが合流。
これまでジャニーズがやってこなかったSNSやインターネットテレビ『AbemaTV』の出演を発表し、ファンクラブの入会人数が10万人を超えるなど、幸先は上々です
。『さすがは飯島さん』と話題になっている半面、そのことについてジャニーズが神経を尖らせています。
何より一番カンに触っているのが、3人が“SMAP感”を維持したまま仕事を展開していることです」(芸能記者)

取材を進めると、実際に週刊誌のジャニーズ担当者にはCULENの動向を探ったりネガティヴ情報を流しているという話も聞こえてくる。
しかし、そこは百戦錬磨のジャニーズだけあって、決して手をこまねいているわけではないようだ。

「向こうがまだSMAPを引きずるなら、こっちは徹底して“木村拓哉”というブランドを確立させる、といったところのようです。
まずは映画俳優として主演を重ね、一本立ち。その上でソロ歌手デビューさせる腹づもりのようです。
もともと木村はグループ一の音楽センスの持ち主であり、SMAPのレコード会社だったビクターエンタテインメントのSMAPチームが引き続き木村を担当していくとみられています。
木村が好きなアーティストとのコラボも計画されているそうですし、とにかく“ソロアーティスト”としての木村を確立していきたいんですよ」(レコード会社関係者)

SMAP解散騒動ではひとり孤立したキムタクだが、ソロとしての木村の活躍に期待したい。

2017.10.16 20:50 ビジネスジャーナル
http://dailynewsonline.jp/article/1365937/

続きを読む

元SMAP『72時間テレビ』GLAY出演決定に”業界内がザワめく”理由とは?、ウッは(*゚∀゚)

1 :砂漠のマスカレード ★:2017/10/21(土) 16:46:10.48 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/zIKOCL1.jpg 稲垣吾郎(43)、草�g剛(43)、香取慎吾(40)が共演する生放送『72時間ホンネテレビ』にロックバンドのGLAYが出演することが20日、Abema TVの公式Twitterで発表された。
同アカウントでは「3人がSNSで失敗しないように、皆さんの大失敗も含めた体験談を語ってくださったそうです! 当日が楽しみですね!」としており、
”生出演”でこそないが、予期せぬ大物の出演にファンの間でも「感動で泣きそう」「SMAPコンサートにも来たGLAYが出るのは嬉しいよー」など喜びの声が上がっている。

だが、別の見方もある。「GLAY出演は”大手芸能事務所を敵に回した”者同士の”反逆の狼煙”ではないか」と見るのは週刊誌の芸能デスク。

「たしかにGLAYは伝説の20万人動員ライブの実績を持つ超大物ロックバンドでした。
しかし、彼らは01年に音楽出版権を持つ芸能界大手プロに対して、著作権の確認を訴えた直後から、テレビやCMなどメディア露出が極端に減っていき、
ライブ中心の活動形態に変わっていくことに。
GLAY本人たちやファンは”干された”ことを否定していますが、その時を契機として急激な失速があったことは否めません」

大手芸能プロと独立をめぐってモメたのはSMAPも同じ。彼らが『72時間』に出演する背景には、「大手芸能プロへの反逆」があるのではないかというのが見え隠れするという。

「飯島三智(59)マネージャーの今回の”新しい地図”の根底には裏キーワードがある。
それは”あてつけ”で、ジャニーズが避けていた”IT化”や”SNS活用”を全面的に打ち出し、旗揚げ興業たる「72時間」を地上波テレビではなく、ネット動画のAbema TVでやったりする。
制作発表した映画にしても、中居正広(45)や木村拓哉(44)を想起させる『クソ野郎と美しき世界』などといったタイトルをつける姿勢も過激。
ジャニーズ、ひいては旧態依然としたテレビメディアや大手芸能プロに、その新手法を当てこすっているように見えます。
LAY出演は旧勢力への反逆ののろし。彼らの出演を聞いて『なるほど』と膝を打った芸能関係者も多いはずです」

今のところ『72時間』に出演を決めているのは、市川海老蔵(39)、堀江貴文(44)、亀田興毅(30)ら芸能界の忖度から外れた人間ばかり。
香取らと親しい関根勤(64)とキャイ?ンも出演するが、吉本興業やバーニング系ら大手プロのタレントはまだ誰も参加を決定していないのが気になるところだ。

大手プロ不参加のまま、番組を成立させられれば、稲垣、草�g、香取の3人は文字通り芸能界の「新しい地図」を描くことになるかもしれない。
『72時間』のキャスティングは今後も要注目である。

2017.10.20 20:54 デイリーニュースオンライン
http://dailynewsonline.jp/article/1367536/

続きを読む