広島・パトリックが名指しで「ひどい」 「『お前らJ2行きだ』なんて言われたくない」、川崎に(´▽`人‘▽’)

1 :あちゃこ ★:2017/10/23(月) 13:19:50.14 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/8tzb8br.jpg  サッカーJ1・川崎フロンターレとの試合後、同チームのDF奈良竜樹選手から「お前らJ2行きだ」と
言われた——。サンフレッチェ広島のFWパトリック選手(29)がツイッターにそんな趣旨の
つぶやきをした。

 「奈良竜樹選手、ひどいです」「SNSで被害者アピールするの好きじゃない」など、サポーターの間で
波紋を広げている。

■「広島というクラブをリスペクトして」

 サンフレッチェ広島は2017年10月21日、J1第30節で川崎フロンターレ(エディオンスタジアム広島)に
0-3で敗れた。17年度のJ1リーグもこれで、残すところ4試合。サンフレッチェ広島は16位で、
J2降格圏(16〜18位)をさまよっている。

 広島のパトリック選手は川崎戦の試合後、ツイッターで「川崎フロンターレ勝利おめでとうございます」と
たたえた上で、川崎の奈良竜樹選手を名指しし、こうつぶやいた。

  「でもディフェンスの奈良選手に言いたいです。『お前らJ2行きだ』なんて言われたくないです。
あなたにはもっといろいろと学んでほしいです。広島というクラブをリスペクトして下さい」

 第30節終了時点でリーグ2位の川崎は、首位・鹿島アントラーズと勝ち点差2のデッドヒートを
繰り広げており、パトリック選手が奈良選手から侮辱されたと受け取ってもおかしくない。

 パトリック選手のツイートをめぐっては、双方のサポーター間で

  「奈良竜樹あほかよw」
  「奈良竜樹選手、ひどいです。暴言だ!」
  「SNSで被害者アピールするの好きじゃないわ」
  「パトリックが悪口をいったわけでもないのに当たり前のように奈良擁護してパトリックディスるのは
流石にどうだよ…」

などと物議を醸した。

 ただ、パトリック選手は10月23日朝現在までにツイートを削除しており、

  「クラブを通してスマートにやって欲しいというのが本音」
  「そういうのは本人たちの間で解決する案件」

といった冷静な議論もみられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000004-jct-ent

続きを読む

<なでしこジャパン>キックオフ直後、FWが珍反則! 関係者「めったにない。目を疑った」、チャン・ヒョク、コンミョン

1 :Egg ★ :2017/10/22(日) 23:51:48.67 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/bGHqY0X.jpg キックオフ直後、なでしこFWが珍反則 国際親善試合

(22日、サッカー女子国際親善試合 日本2—0スイス)

日本女子代表(なでしこジャパン)のFW横山が、22日のスイス戦で、試合開始のキックオフで極めて珍しい反則をした。

キックオフではルール上、はじめに球を蹴った選手は、他の選手が触れる前に再び球に触ることができない。だが、横山は球を少し前方に蹴り出した後にドリブルするようにもう一度球を触ってしまい、主審の笛が鳴った。

この反則を犯すと、相手に間接FKが与えられる。スイスが間接FKで試合を再開したため、結果的にスイスがキックオフをやり直すような形になった。日本協会のある関係者は「めったにない。目を疑った」と苦笑いした。

今年7月になでしこ1部長野からフランクフルト(ドイツ)に移籍した横山にとって、この日は凱旋(がいせん)試合だった。横山は「1タッチしかできないですよね」とルールは認識していた様子。

「周りがドリブルでいけるというからやったのに。自分が恥ずかしい思いをしたみたいになってしまった」とぼやいていた。

キックオフの他に、FKやCKなどでも、キッカーが他の選手が触る前に再び球に触った場合は反則となり、相手チームに間接FKが与えられる。(勝見壮史)

10/22(日) 21:14配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000116-asahi-spo

【サッカー】<なでしこジャパン>スイス相手に完封勝利!激しい雨の中、中島依美と田中美南のゴール守りきる
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1508664242/

続きを読む

日本共産党、愛知県、フランクフルトvsドルトムント 香川交代出場もwhoscoredで両チーム最低点

1 :pathos ★ :2017/10/22(日) 00:30:32.77 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/GXwflz6.png フランクフルト 2-2 ボルシア・ドルトムント

【得点者】
19分 0-1 シャヒン(ドルトムント)
57分 0-2 フィリップ(ドルトムント)
64分 1-2 アレ(フランクフルト)
68分 2-2 ヴォルフ(フランクフルト)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11045945
https://www.whoscored.com/Matches/1201923/Live/Germany-Bundesliga-2017-2018-Eintracht-Frankfurt-Borussia-Dortmund

続きを読む

浦和サポーターが大ブーイング! 上海上港の非紳士的行為に乱闘騒動が勃発、衆議院、有権者

1 :砂漠のマスカレード ★:2017/10/19(木) 15:11:45.82 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/OJaxaVM.jpg 後半40分、浦和にボールを返す状況で上海がプレー続行、DFマウリシオが詰め寄り警告
18日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦で、浦和レッズを相手に1点ビハインドだった上海上港(中国)が非紳士的な行動に出て、乱闘騒動が勃発した。

浦和が2戦合計スコア2-1でリードして迎えた後半40分、上海は自陣で負傷した選手が倒れ込んだ。
浦和ボールの状況でレフェリーが笛で止めて負傷者を確認し、ドロップボールでゲームが再開された。

通常なら上海は浦和にボールを返す状況だが、上海はそのまま自分たちのボールで攻撃をスタートし、FWフッキがドリブルを開始。
浦和はこの攻撃をストップして事なきを得たが、上海チームの非紳士的な行為に激高した浦和DFマウリシオは相手に詰め寄りイエローカードを提示された

追い詰められた中国チームによる非紳士的な行為に、スタジアムを埋めた浦和サポーターから大ブーイングが浴びせられた。

10/18(水) 21:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00010024-soccermzw-socc

続きを読む

衆議院議員総選挙、立憲民主党、<世界の熱狂的なダービーTOP20>を英紙が選定! 栄えある1位は?

1 :Egg ★ :2017/10/21(土) 12:55:45.42 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ubTaPYy.jpg エル・クラシコを抑えて、南米の名物ダービーが1位に。

 サッカーの試合でとりわけ熱狂度の高いのが、様々な因縁があるダービーマッチだ。10月22日にはマルセイユ対パリSGのフランス版ナショナルダービーが開催されるが、先日はイギリス紙『ミラー』が「世界で最も激しいダービーマッチ」のランキングを発表した。
 
 1位に選出されたのは、ブエノスアイレスを本拠地とするボカとリーベルによる「スーペル・クラシコ」だ。
 
 1913年にスタートしたこの伝統の一戦は元々は、労働者階級のボカと富裕層のリーベルという対決構造で因縁の関係に。68年には両クラブのサポーターが衝突し、71人が死亡するというアルゼンチン・サッカー史上最悪の事件も起こっている。試合当日には、何千人もの警察官が動員され、ボカの本拠地ボンボネーラではリーベルの選手をめがけてサポーターからモノが飛び交う。
 
 2位は“エル・クラシコ”。言わずと知れたバルセロナとレアル・マドリーの世界最注目のゲームだ。2000年にバルサからマドリーへの禁断の移籍をはたしたルイス・フィーゴが、カンプ・ノウ凱旋ゲームでCKを蹴る際に豚の頭をファンから投げられた話はあまりに有名だ。
 
 近年もジョゼ・モウリーニョがマドリー監督を務めていた13〜15年は両チームの選手がヒートアップし、乱闘寸前の場面が頻発していた。対戦成績もR・マドリーの72勝33分69敗(リーグ戦のみ)と拮抗している。
 
 イギリス最大のダービー、スコットランドの「オールドファーム」は3位に。カトリック系(セルティック)とプロテスタント系(レンジャーズ)の宗派対立がもととなり、激しさを増したと言われているこのカード。96−97シーズンのセルティック在籍時にこの一戦を経験した悪童パオロ・ディ・カ—ニオも、「世界中のダービーなんて、オールドファームの100万分の1にも満たない」と語っている。
 
 どの対戦も熱狂的なトルコの3強の対戦のなかでも、とくに熱気に包まれるフェネルバフチェ対ガラタサライは5位。サポーターが花火や発炎筒、爆竹などをピッチに投げ込むのは日常茶飯事で、「客席の椅子がはぎ取られてピッチに投げ込まれる」ため、アウェースタンドの椅子が試合をするたびに減っていくという嘘のような逸話もある。
 
 その他にも、イギリス国外最古のダービーといわれるナシオナルとペニャロールの「ウルグアイ・クラシコ」、香川真司(ドルトムント)が4得点・2アシストと得意にするルール・ダービー、イングランド・ダービー、ローマ・ダービーなどお馴染みのカードがランクインしている。

 ミラー紙選定の「世界で最も激しいダービーマッチ」TOP20は以下の通り。

1位:ボカ×リーベル(スーペル・クラシコ/アルゼンチン)
2位:バルセロナ×レアル・マドリー(エル・クラシコ/スペイン)
3位:セルティック×レンジャーズ(オールドファーム/スコットランド)
4位:アル・アハリ×アル・ザマレク(エジプト・ダービー/エジプト)
5位:フェネルバフチェ×ガラタサライ(イスタンブール・ダービー/トルコ)
6位:ナシオナル×ペニャロール(ウルグアイ・クラシコ/ウルグアイ)
7位:ラツィオ×ローマ(ローマ・ダービー/イタリア)
8位:リバプール×マンチェスター・U(イングランド・ダービー/イングランド)
9位:グレミオ×インテルナシオナウ(ポルト・アレグレ・ダービー/ブラジル)
10位:ドルトムント×シャルケ(ルール・ダービー/ドイツ)
11位:オリンピアコス×パナシナイコス(アテネ・ダービー/ギリシャ)
12位:インデペンディエンテ×ラシン(アベジャネダ・ダービー/アルゼンチン)
13位:グアダラハラ×クラブ・アメリカ(メキシコ・ダービー/メキシコ)
14位:ミラン×インテル(ミラノ・ダービー/イタリア)
15位:マンチェスター・C×マンチェスター・U(マンチェスター・ダービー/イングランド)
16位:アヤックス×フェイエノールト(デ・クラシケル/オランダ)
17位:マルセイユ×パリSG(ル・クラスィク/フランス)
18位:ヴェレジュ×ズリニスキ(モスタル・ダービー/ボスニア・ヘルツェゴビナ)
19位:フラメンゴ×フルミネンセ(リオデジャネイロダービー/ブラジル)
20位:パルチザン×レッドスター(ベオグラード・ダービー/セルビア)
 
文・ワールドサッカーダイジェスト編集部

10/21(土) 8:00配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171021-00031336-sdigestw-socc

続きを読む

<J1第30節>>川崎、優勝争いに踏みとどまる勝ち点3!ポドルスキが来日初の右足ゴール!大宮、マテウス弾で土壇場ドロー…、見なきゃwww

1 :Egg ★ :2017/10/21(土) 16:03:45.51 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/wFE0m89.jpg ■ベガルタ仙台 0-0 清水エスパルス [ユアテックスタジアム]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102111/live/#live

■大宮アルディージャ 1-1 柏レイソル[NACK5スタジアム]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102112/live/#live

[柏]ハモン・ロペス(43分)
[大]マテウス(90分+3)

■セレッソ大阪 2-0 ヴァンフォーレ甲府 [金鳥スタジアム]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102113/live/#live

[C]杉本健勇(5分)
[C]杉本健勇(52分)

■ヴィッセル神戸 1-2 サガン鳥栖 [ノエビアスタジアム]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102114/live/#live

[神]ルーカス・ポドルスキ(13分)
[鳥]ビクトル・イバルボ(17分)
[鳥]キム・ミンヒョク(38分)

■サンフレッチェ広島 0-3 川崎フロンターレ[エディオンスタジアム]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102114/live/#live

[川]谷口彰悟(40分)
[川]三好康児(45分+1)
[川]小林悠(85分)

2017明治安田生命J1リーグ第30節が21日に行われ、サンフレッチェ広島と川崎フロンターレが対戦した。

 ホームの16位・広島は降格争い、アウェイの2位・川崎は優勝争いの真っただ中とあり、両者ともに是が非でも勝ち点3が欲しい一戦。広島は最前線に皆川佑介が入り、パトリックはベンチスタートとなった。一方の川崎はエドゥアルド・ネットと家長昭博が出場停止。ボランチには谷口彰悟が入り、センターバックにはエドゥアルドが起用された。左サイドハーフは長谷川竜也が務める。

 まずは5分、川崎はゴール前でボールを受けた森谷賢太郎が強烈なミドルシュートを放ったが、ここは広島GK中林洋次に防がれた。さらに13分、左サイドを突破した長谷川のクロスを小林悠が頭で合わせたが、ここも中林のファインセーブに遭う。

 15分、広島は左CKの流れから皆川がシュート。至近距離から放たれた決定的な一撃だったが、ここは川崎GKチョン・ソンリョンが足でスーパーセーブを見せた。21分には左サイドから浮き球パスを供給し、アンデルソン・ロペスが折り返したところを稲垣祥が押し込んだがオフサイドの判定。先制点とはならない。

 33分、川崎にアクシデント発生。チョン・ソンリョンが足を痛め、新井章太との交代を余儀なくされる。負傷者続出の川崎にとって、大きな不安要素となってしまった。

 試合が動いたのは40分だった。川崎は左サイドでFKを獲得すると、クロスを相手GKがファンブルし、最後は谷口が押し込む。アウェイの川崎が1点を先制した。さらに前半アディショナルタイム1分、三好康児がPA外から左足で強烈なミドルシュートを突き刺して追加点。川崎が2点リードで前半を終えた。

 後半、広島は立て続けに皆川にシュートチャンスが訪れたが決め切れず、点差を縮められない。66分には左CKから稲垣が頭で合わせたが、フリーで放ったシュートは枠を捉えられなかった。

 すると85分、川崎は新井のパントキックを受けた小林が右足を振り抜いて3点目。試合を決定づけた。小林は今季18得点目。試合はこのまま終了し、川崎が広島に3−0で勝利した。

 次節、29日に広島はホームで浦和レッズと、川崎はアウェイで柏レイソルと対戦する。

10/21(土) 15:56配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00658633-soccerk-socc

【神戸】ポドルスキが来日初の右足ゴール…6戦ぶり今季5点目はチームトップタイ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00000082-sph-socc

◆順位表
http://www.jleague.jp/sp/standings/j1

◆エルゴラ
http://sp.soccer.findfriends.jp

◆DAZN
https://www.dazn.com/ja-JP

◆DAZN for DOCOMO
https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d

続きを読む

<“タイのメッシ”が語るJリーグとタイリーグの違い> 「その足で価値を上げることはできる」、これは凄い(*゚∀゚)

1 :Egg ★ :2017/10/21(土) 12:51:21.85 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/EjHMUF3.jpg タイ代表MFチャナティップ・ソングラシンは、今夏からJ1北海道コンサドーレ札幌に加入。持ち前の高い技術を発揮し、観る者を魅了している。“タイのメッシ”がチームに合流してから4カ月、Jリーグ入りを目指すタイ人選手に向けて、その“心構え”を指南している。タイメディア「SMMスポーツ」が報じた。

 タイが誇るスーパースターのチャナティップは、デビューから第28節のサンフレッチェ広島戦まで10試合連続で先発出場。前評判に違わぬプレーでチームに不可欠な存在となっている。そんな“タイのメッシ”が母国大手の「SMMスポーツ」の取材に応じ、タイリーグとJリーグの違いや日本でプレーする際に必要な心構えについて説いている。

「チャナティップがJリーグとタイリーグの違いを比較:あなたが日本でプレーするにはどうするべきか?」との見出しが付けられた記事では、タイ人選手にとって未知となるJ1の舞台でポジションをつかんだチャナティップが、「Jリーグはタイよりもより難しい」と話している。その意図は、リーグとクラブの環境の違いにあるようだ。

「札幌に住んで以降、タイよりもチャレンジは多い。タイではビッグチームでチャンピオンシップを勝ち獲った。でも、ここ(日本)ではスモールチームだ。金銭面で我慢しなければいけないことはあるかもしれないが、その足で価値を上げることはできる」

「勇気を持って挑むことが重要」

 チャナティップはJリーグに参戦する前に、タイの強豪ムアントン・ユナイテッドでリーグ優勝を果たしているが、札幌は地方都市に籍を置く「プロビンチャ」。タイ時代との“境遇の違い”を少なからず感じているようだ。

 そして「もしタイの選手がここに来るならば…」と、チャナティップはJリーグに挑む際にはメンタル面が重要だと説いた。

「勇気を持って挑むことだ。心の準備、何よりポジティブに考えること。ここでは誰も助けてくれないから、それぞれで戦わなければならない。友人を見つけること、そして一人でリラックスする方法を見つけることも大切だね」

 記事では、「僕はアジャストになんの問題もない。チームメイトとも話しているし、食事にも行っている」と、Jリーガーとして順調な歩みを見せていることにも触れている。今後チャナティップ、FWシティチョーク・パソ(鹿児島ユナイテッドFC)、MFジャキット(FC東京)に続くタイ人Jリーガーは生まれるだろうか。

10/21(土) 7:30配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171021-00010000-soccermzw-socc

続きを読む

日本人$+$、<日本のサポーター>中国に侮辱行為?—AFCチャンピオンズリーグ

1 :Egg ★ :2017/10/19(木) 18:22:23.24 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/nmeGGxI.jpg 2017年10月18日、サッカーAFCチャンピオンズリーグ準決勝、浦和レッズ—上海上港の第2戦が埼玉で行われ、浦和が1ー0で勝利して決勝進出を決めた。東方網は、試合前に浦和の一部サポーターが侮辱行為をしたと伝えている。

3週間前に上海で行われた第1戦では1−1の引き分けに終わった。浦和は勝利もしくは0−0のドローで決勝進出、1−1で延長戦さらにはPK戦、それ以外は敗退という状況だったが、前半12分のラファエル・シルバによる先制ゴールのリードを守り抜き、1−0で勝利した。

記事は「浦和のサポーター文化は素晴らしいことで知られているが、この日の試合前にスタンドでは不適切な光景が生じた。浦和のコートやマフラー、リストバンドを身につけた1人のサポーターが、上海上港に向けて両手の中指を突き立てたのだ。このサポーターは、上海上港を侮辱するマスクもしていた」とした。

また、「今年3月15日に同大会グループリーグ第3節で対戦した際も一部の浦和サポーターが上港八万人体育場の外で上海上港のユニホームを燃やしたほか、スタンドで中国サポーターに対し中指を立てた」と指摘。さらに、2013年に行われた浦和—広州恒大の試合でも日本人サポーターが集団で中指を突き立て、日本語で何かを叫ぶ光景が見られたと伝えている。(翻訳・編集/川尻)

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13769093/

続きを読む

<誰が来ても最後は「長友佑都」がスタメンになる!>伊メディアも奇妙な法則と驚き、アルバロ・(*´ー`*)♡♡♡

1 :Egg ★ :2017/10/21(土) 07:42:17.55 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Iq1T249.jpg ■毎回の移籍市場で放出候補と言われるが……

インテルに所属する日本代表DF長友佑都のサムライ魂にイタリアサッカー界も驚いているのではないだろうか。

長友はインテルで200試合以上に出場しており、世界を代表する名門クラブで戦い続けてきた。しかし、評価がそれほど高いわけではない。移籍市場が来るたびに放出の噂が流れ、インテルはより質が高いとされるサイドバックを補強してくる。ところが、最終的には長友がまたスタメンに戻ってしまうのだ。

伊『Calciomercato』は何度も起こるこの現象を「奇妙だ」と伝えており、これまで何度もポジションを奪い返してきた長友に注目している。

残念ながら近年のインテルは思うような結果を残せないシーズンが続いていたため、指揮官がコロコロと変わってきた。長友もレオナルド、ワルテル・マッツァーリ、ロベルト・マンチーニ、ステファノ・ピオリ、現在のルチアーノ・スパレッティなど多くの指揮官と仕事をしてきたが、その中で何とか生き残ってきた。

同メディアはこれまでアルバロ・ペレイラ、ドドー、サントン、アレックス・テレス、ジャネル・エルキン、クリスティアン・アンサルディらが長友に敗れてきたことを取り上げており、最後まで諦めずに戦った末にポジションを勝ち取ってしまう長友に驚いている。

今夏クラブに加入したダルベルト・エンリケはまだどうなるか分からないが、現時点では長友の方がビッグゲームで起用される機会は多い。パフォーマンスレベルでもダルベルトより長友の方が信用できるのも事実だ。

ダルベルトまでポジション争いに敗れたとなれば、さすがにイタリアサッカー界も長友を認めざるを得ないだろう。どんな苦境でも折れずに努力を続ける長友のメンタルはまさにワールドクラスと言えよう。

10/20(金) 19:31配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00010015-theworld-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171020-00010015-theworld-000-1-view.jpg

【サッカー】<長友佑都>10年前は客席で太鼓叩き「ミラノダービーに出場するって言っても信じられなかっただろうな」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1508362934/

【サッカー】<長友佑都>インテルと契約延長へ…スパレッティ監督の信頼をつかむ!現行契約は2019年夏まで
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1508196836/

インテル長友佑都、首位の座を懸けてナポリと直接対決へ…伊複数メディアが先発を予想
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00010004-goal-socc#

続きを読む

長谷部はいつ(ᅙωᅙ)ふっふっふ、<スペインの名指導者>ニュージーランド戦を分析し苦言!「日本のダブルボランチは動きすぎだ」

1 :Egg ★ :2017/10/17(火) 19:18:18.69 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XGrXpA1.jpg 「”ロシアワールドカップに向けてチームを成熟させる”という狙いだろう。日本のメンバーは試験的に入れ替わっていたが、4−2−3−1というフォーメーションは変わらず、それぞれのポジションに託された役割も変わっていない」

 ミケル・エチャリはそう言って、ニュージーランド戦の分析を切り出した。

 エチャリはスペインの古豪レアル・ソシエダで約20年間にわたり、強化、育成、分析とあらゆるポストを歴任。レアル・ソシエダBの監督として、ハビエル・デ・ペドロ、アグスティン・アランサバルなど多くのスペイン代表を育てている。他にもエイバルで監督として指揮を執り、アラベスではテクニカルディレクター、指導者養成学校の教授も経験。慧眼(けいがん)で知られ、その分析から「ミスター・パーフェクト」の異名を誇る。

「攻め寄せるのは悪くないが、危機管理が不足している場面が見られた。センターバック2人が孤立。もっと高いレベルになれば、何度かカウンターを浴びてもおかしくない」

 エチャリは目を光らせた。ロシアW杯に向け、「リスクマネジメント」はひとつのテーマになりそうだ。

「ニュージーランドは最初、3−3−2−2のような布陣だった。中央部の守りを固めながら、2トップを生かす戦い方だろう。しかし日本の攻撃圧力が強かったことで、防戦一方になってしまう。

 日本はボランチの山口蛍が積極的に攻撃参加。序盤、武藤嘉紀へ送ったロングボールの質は高かった。山口は中央部から崩そうと前線に近づき、ミドルシュートも放ち、ニュージーランドを脅かしている。

 しかし、中央で山口、井手口陽介というボランチが同時に動くことで、チームのバランスは偏っていた。中央から無理押しで攻めるのは得策ではない。ダブルボランチというのは攻守のバランスを重んじ、サイドバックの攻撃参加を促すプレーが本筋である。長友佑都、酒井宏樹を動かすことで、日本はもっと有効な攻撃ができるだろう」

 エチャリはボランチが自ら動き回ることで守備の綻(ほころ)びを作るよりも、周りを動かすことによって潤滑な攻撃を促し、攻守の両輪となることを求めた。

「そもそも中盤の2人が八方に動き回ることで、カウンターの脅威にさらされている(この点で長谷部誠は気が利いている)。例えば前半29分、槙野智章がカットしたボールは相手に再びカットされ、ディフェンスラインの裏を狙われている。吉田麻也は逆を取られ、ターンで遅れ、走り負けた。このとき、ボランチもサイドバックも前に出ていたことで、数的同数を作られてしまった。相手FWのレベルが高かったら……推して知るべしだ」

 ボランチがポジションを明け渡すことで、強固とは言えないバックラインは相手の攻撃に晒されてしまう。結局のところ、中盤の慌ただしさが攻守の不安定さを生じさせている、とエチャリは読み解く。一方的に攻めていたのに、突如として流れを失ってしまう理由だ。

つづく

10/17(火) 8:10配信 sportiva
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171017-00010002-sportiva-socc

続きを読む