<本田圭佑>クラブW杯で真価発揮!中盤起用での躍動・・・ハリルJにもたらす可能性、ただ、レア+#+

1 :Egg ★:2017/12/14(木) 17:14:10.31 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/A2lFLQA.jpg 12日、2017 FIFAクラブワールドカップUAEの準決勝が行われ、本田圭佑の所属する北中米カリブ海王者のパチューカは、ブラジルのグレミオを相手に延長戦の末に0-1で敗れた。
初戦に続き中盤起用となった本田はチームの中心的選手として随所に存在感を発揮。敗れはしたものの、南米王者を相手に持てる力を存分に見せつけた。(文:河治良幸)

●右足に不安を抱えているとは思えない存在感

アフリカ王者のウィダード・カサブランカを延長戦でくだしてから、中2日で南米王者グレミオに挑んだパチューカ。フル出場した前の試合に続き[4-3-3]の右インサイドハーフで先発した本田圭佑は
右足に不安を抱えているとは思えない動きで存在感を放ち、南米王者のディフェンスを苦しめた。

インサイドのプレーで目立ったのは1タッチ、2タッチのショートパスの多さ。しかも、周りのビクトル・グスマンやホナタン・ウレタビスカヤが前を向ける状況を作るパスだ。

瞬時の1歩、2歩の動きでグレミオの守備を外し、とにかく味方から影にならないポジションでパスを引き出すと、1タッチパスでアンカーのホセ・エルナンデスに渡す、
あるいはファーストコントロールでディフェンスの逆に持ち出して叩くなど、時間をかけずに起点として機能した。

そこからチャンスと見た時の縦への仕掛けは迫力があった。8分に惜しいミドルシュートを放ったシーンでは右ウィングのウレタビスカヤが二人のディフェンスを引き付けて中に出すと、
1タッチ目で左斜めのスペースにコントロールし、ディフェンスラインがブロックを作り切れないタイミングで左足を振り抜いた。

南米王者のデュフェンスはハイプレスをかけてはこないものの、中盤とウィングが絡むところに3枚、4枚と厳しいプレッシャーをかけてくる。

ウルグアイ代表のウレタビスカヤはボールを持って縦に仕掛けるタイプで、左インサイドハーフのグスマンは2列目から飛び出すチーム随一の得点源であることを考えれば、
本田とアンカーのエルナンデスがいかにプレッシャーを引き受けるかが、中途半端にボールを失わず、チャンスを作るための生命線だった。

周りの特徴をうまく引き出しながら、機を見てフィニッシュに絡んでいこうという意識はチーム戦術を理解し、味方との信頼関係が無ければ成り立たない。
グレミオのディフェンスにとっては本田にボールが入ると何かが起きるという感覚もあっただろうが、主には個で打開するより周囲をうまく生かし、タイミングを見計らって仕掛けてくるという形で非常に厄介だったはずだ。

つづく

12/14(木) 12:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171214-00010003-footballc-socc

続きを読む

本田圭佑をブラジル人記者が称賛「パチューカのベストプレーヤー」「日本人は誇りに思っていい」、岡村 隆史、讀賣テレビ放送

1 :豆次郎 ★:2017/12/13(水) 16:39:19.68 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/jmjC5Qq.jpg 12/13(水) 6:13配信
本田圭佑をブラジル人記者が称賛「パチューカのベストプレーヤー」「日本人は誇りに思っていい」
【グレミオ 1-0 パチューカ クラブW杯準決勝】

現地時間12日に行われたクラブW杯準決勝グレミオ対パチューカの一戦は、延長戦の末、1-0でグレミオが勝利した。パチューカのMF本田圭佑はフル出場している。

本田のパフォーマンスを対戦相手グレミオの地元、ブラジルメディアはどう見たのか。TV局グローボのマルコス・ヴェスターマン記者は語る。

「驚きだ。大きな驚きだ。本田は今日のパチューカで最も良かった。ベストプレーヤーだ。こんなにいい選手だったとは」

本田はこの日のパチューカを牽引。何本ものチャンスを演出するパスを出し、自身にも決定機が複数あった。ヴェスターマン記者は「グレミオ相手にこれだけやれるとは…」と手放しで称賛。

「本田のことは知っていた。だが、このような大きな大会でこれだけのハイパフォーマンスを発揮できるなんて! 日本人は本田という選手がいることを誇りに思っていい。繰り返すが今日のパチューカで最も良かったのが本田だ」

サッカー王国ブラジルの記者をも唸らせた本田。「悔いはない」と本人が語っているように、最高の本田を世界に見せつけたと言ってもいいだろう。

パチューカは16日、3位を懸けてレアル・マドリー対アル・ジャジーラの敗者と対戦する。

(取材・文:植田路生【アルアイン】)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171213-00246477-footballc-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171213-00246477-footballc-000-1-view.jpg

続きを読む

<どこよりも早い採点>中国戦、勝利も大島の負傷交代でリズム消失、自由民主党、給与所得

1 :豆次郎 ★:2017/12/12(火) 21:20:10.35 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ZUBAaue.jpg 12/12(火) 21:12配信
フットボールチャンネル

12月12日、日本対中国の一戦が行われ2-1で勝利。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

E-1選手権日程

昌子がスーパーゴール

中国戦、勝利も大島の負傷交代でリズム消失【どこよりも早い採点】
日本代表メンバー【写真:田中伸弥】
【日本 2-1 中国 E-1選手権】

東口順昭 6 後半にピンチもファインセーブでチームを救う
山本脩斗 5.5 タイミングのいい攻め上がりなど立ち位置が良かったが、PKを献上した
昌子源 6.5 3人が代表デビューのDFラインで冷静に対応した。意表をつくロングシュート決める
三浦弦太 5 得意なフィードを狙うなど、積極的なプレー。守備ではやや危ない部分も
植田直通 6 本職ではない右SBで代表デビュー好クロスも供給した
今野泰幸 6.5 中盤の底でバランスをとり、落ち着いたプレーぶりだった
倉田秋 5 キープで時間を作るなどリズムに変化をつけた
大島僚太 7 パスで味方を動かし、“デュエル”も厭わなかった。彼の負傷交代後でチームは機能不全に
土居聖真 6 デビュー戦で『何かやってやろう』という気迫も見られた
伊東純也 6 立ち上がりから自慢のスピードで突破を披露した
小林悠 6.5 味方と呼吸が合わない場面はあったが、意地の先制ゴール

井手口陽介 5.5 ソツなく激しく戦ったが、存在感は高くなかった
川又堅碁 6.5 得点が欲しい状況で投入。彼の粘りがゴールに繋がった
阿部浩之 – 出場時間短く採点不可

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 5 大島を失い、初戦同様チグハグなサッカーに逆戻り。小林のゴールに救われた

フットボールチャンネル編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171212-00246342-footballc-socc

続きを読む

ローカル路線バス乗り継ぎの旅、ニュース女子、<Jリーグ>秋春制移行案を否決!反対意見8割 村井チェアマンは9項目で「移行しない理由」を説明

1 :Egg ★:2017/12/13(水) 06:52:53.78 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/FD3yIy3.jpg Jリーグは12日に開催された理事会において、22シーズンより検討していた秋春制へのシーズン移行案を否決した。
秋春制へのシーズン移行は、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長から提案があり、Jリーグも1年をかけて議論を重ねてきた。

同日、会見した村井満チェアマンは「移行しない理由」として9つの項目を挙げて説明。
「いろんな角度から検証してきたが、日本はまだまだサッカーの途上国。ファン・サポーターの皆様と一日でも長く、ちゃんとした試合を継続していくことを原点として意思決定をした」と話した。
Jリーグとしては今後、18年5月をめどに、日本サッカーの強化と普及に向けたビジョンと施策案を発表することにしているという。

村井チェアマンが説明した「移行しない理由」

1、移行しない方が、リーグ戦実施可能期間が1か月以上長い。

2、移行するとシーズン終盤の4、5月にAFCチャンピオンズリーグのグループステージ終盤やラウンド16が入る。出場4クラブだけがリーグ戦最終局面を厳しい日程で戦うことになる。

3、移行しても1月に移籍する選手は減らない可能性が高い。また夏のウインドーならば移籍金が少なく済むとは言い切れない。

4、シーズン末に決勝が集中することは世界基準で違和感がない。

5、「雪国に相当設備のスタジアム等が整備されるだろう」という期待を前提とした移行を、経営リスクととらえるクラブ経営者が多い。

6、移行期の0.5年または1.5年での収益確保は、Jリーグ54クラブそれぞれの課題で難易度が高い。

7、現シーズンは学校年度と完全ではないが、ほぼ揃っている。移行して半年ずれてしまうマイナスは大きい。

8、企業との期ずれも、企業側でヒアリングしたところ、修正は難しいとの見方が多い。

9、移行カレンダーの1、2月に計4試合予定されているルヴァン杯は、検証したところ他の期日にプロットできない。Jリーグはルヴァン杯を全国のホームタウンで通年開催したいと考えており、
移行カレンダーではルヴァン杯が成立しておらず、Jリーグの考えではカレンダー自体が成立していない。

会見に同席した原博実副理事長も「代表の強化が重要なのはよく分かる」と理解を示した上で、育成面では学校カレンダーと一緒になっていた方がいいと強調。
「欧州もサッカーがありきじゃなくて、世の中の流れ、文化がシステムに合っている。大会カレンダーのそのものを変えれば上手くいくという考え方ではなく、大きな視野を持ってやっていきたい」と力説した。

12/12(火) 22:59配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-01647554-gekisaka-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171212-01647554-gekisaka-000-view.jpg

J理事会でシーズン制移行を正式拒否、反対意見8割
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00075774-nksports-socc

【サッカー】<Jリーグ>夏開幕の「夏春制」移行せず!理事会で決まる
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1513068834/

続きを読む

<E−1>フクアリは平日で降雨という条件もあり、ガラガラ3080人 男女とも当日券、なんで福岡で??

1 :Egg ★:2017/12/09(土) 08:08:32.43 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/JWMrfNn.jpg <東アジアE−1選手権:日本3−2韓国>◇8日◇フクアリ

大会が開幕し、なでしこジャパン(FIFAランキング8位)は韓国(同15位)に3−2で競り勝ち、白星発進した。

注目の日韓戦だったがフクアリの観衆は3080人。平日で降雨という条件もあり、ガラガラだった。

大会を通じチケットの売れ行きは良くない。今日9日の男子の日本−北朝鮮戦(味スタ)も会場で当日券が販売される。

12/9(土) 7:50配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00072967-nksports-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171209-00072967-nksports-000-view.jpg

チケット
http://www.jfa.jp/match/EAFF_E1_Football_Championship_2017/ticket_m.html

続きを読む

ラララ~(*゚∀゚)、<川崎フロンターレ>約700メートルの沿道を5万人Vパレード!バスの先頭部分には「祝! 脱・無冠ターレ」と自虐…

1 :Egg ★:2017/12/10(日) 15:10:58.71 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/hHcNeLn.jpg 悲願の初タイトルを手にした川崎フロンターレの優勝記念パレードが10日、神奈川・川崎市内で行われた。記念すべき初Vパレードを一目見ようと集まった観衆は約5万人。

主将のFW小林悠(30)ら日本代表合宿中の5人と、既に帰国したブラジル人助っ人の4選手は不参加だったが、選手とスタッフは2台のパレード用バスに乗り、川崎市役所第3庁舎前から川崎駅前までの約700メートルの沿道をパレード。

バスの先頭部分には「祝! 脱・無冠ターレ」との自虐? 垂れ幕が掲げられた。

 優勝を決めた2日の最終節大宮戦から約1週間。MF中村憲剛(37)は何度もシャーレを掲げ「あの(優勝した瞬間の)景色とパレードのこの景色、これが見たかったです。

15年やってきてこの景色を見るためにやってきたと今、感じます」としみじみ。鬼木達監督も「この光景を見てしまったので、来年も必ずタイトルを取って、もう1回ここに戻ってきたいと思います」とあいさつした。

 ちなみに「祝! 脱・無冠ターレ」の幕は、クラブスタッフのアイデア。これまで国内3大タイトルで8回の「2位」に泣き、他クラブのサポーターから「無冠ターレ」と陰でささやかれていたことを逆手に取った。

優勝が決まった瞬間、クラブは公式ツイッターで「祝! 脱・無冠ターレ」とつづり、閲覧数は207万を突破したという。

中村は「散々言われましたからね。でも、それを一番前に貼るのも…」と苦笑。大観衆と喜びを分かち合った一時を「くせにしたいですね。代表に行っているメンバーは、この景色を体験できないのはもったいない…。来年また、全員で体験できれば」と話した。

12/10(日) 14:57配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00074055-nksports-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171210-00074055-nksports-000-3-view.jpg

続きを読む

スウェー(´ ω `)ノシ、<韓国>ロシアW杯「死のF組」入り・・・1次リーグ突破4%予想! 幸運な日本に嫉妬!

1 :Egg ★:2017/12/13(水) 19:47:13.46 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/4Px0ci6.jpg サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の組み合わせ抽選が12月1日(日本時間2日)、モスクワで行われ、韓国は前回・ブラジルW杯覇者のドイツをはじめ強豪が居並ぶF組に入り「いばらの道」と報じられた。
ドイツ紙が実施したアンケートではF組で「最も脅威となるチーム」で韓国はわずか4%にとどまる低評価。韓国内には早くも1次リーグ突破に諦めムードが漂い始めている。一方で、W杯優勝チームのいないH組に入った日本を「幸運な組」と比較されている。

韓国がロシアW杯で対戦するのは、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング1位のドイツのほか、16位のメキシコ、18位のスウェーデンと、59位の韓国よりはるかに格上相手ばかりだ。
中央日報は、決勝トーナメント(16強)進出は「容易ではないという見方が多い」と報じた。

前回W杯覇者のドイツをはじめ、メキシコはW杯で毎回のように16強に名を連ね、スウェーデンは欧州予選プレーオフで強豪イタリアを下して大会行きの切符をつかんだと解説。
一方、韓国は「どの組に入っても有力な最下位候補」(KBSテレビのサッカー解説者)という実力だ。

米スポーツ専門局ESPNは12月2日、決勝トーナメント進出の確率で各組の順位を予想。F組ではドイツが82.5%の1位で、次いでメキシコ51%、スウェーデン48.2%と2、3位が僅差で接戦となった。
ところが、韓国は18.3%と断トツの最下位と予想された。その要因として、イングランド・プレミアリーグのトッテナムでプレーするソン・フンミン(25)を除けば鋭い攻撃型の選手がいないことを挙げ、彼に依存しなければならない弱点を指摘した。

また、ドイツのスポーツ紙がアンケートした「ドイツに最も脅威となるチーム」では、スウェーデンが57%、メキシコが39%を占めたが、韓国に至ってはわずか4%とドイツのサッカーファンからほとんど相手にされていないことが分かる。

それはスウェーデン、メキシコでも同様のようで、中央日報は韓国と同組になった結果を喜ぶ雰囲気だとした。特にスウェーデンの現地メディアは「初戦の相手がドイツでなく韓国というのは幸運だ」という代表チームの主将、
アンドレアス・グランクヴィスト(31)を紹介し、韓国をW杯初戦で勝利を収められる相手と評したという。

ほぼコケにされたとしか思えない酷評にさらされる韓国だけに、H組に入った日本の幸運ぶりに嫉妬している。東亜日報によると、組み合わせ抽選で、最後の2枠で先にF組に韓国が選択されると、
日本サッカー関係者たちは歓声を上げたとした。日本が自動的にH組になったからだ。真剣に見ていた日本代表のハリルホジッチ監督も笑顔を浮かべ、取材陣に冗談まで口にしたという。F組になった韓国とは明らかに違う雰囲気だったと同紙は伝えた。

H組は日本(世界ランク55位)のほかに、ポーランド(7位)、セネガル(23位)、コロンビア(13位)が入った。3大会ぶりの出場となったポーランドは第1ポットの中で評価は高くなく、コロンビアは最近の国際親善試合で、韓国に1−2で敗れている。セネガルは4大会ぶり2度目の出場。

中央日報は「相対的に日本は大きな負担なく、本大会を準備することになった」と報じた。そして「最後の抽選で明暗が分かれた日韓両国が、7カ月後の本大会でどんな成績を出すか注目される」とライバル・日本には負けないという意識を如実に示した。

12/13(水) 16:30配信 産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000548-san-spo

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171213-00000548-san-000-view.jpg

【サッカー】<E-1選手権>韓国、北朝鮮のオウンゴールで今大会初勝利・・・南北対決は"南"に軍配!
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1513071846/

続きを読む

Instagram、ドーピング、<清水エスパルス>リオ五輪代表GK櫛引政敏との契約満了を発表…レンタル先のファジアーノ岡山も退団

1 :Egg ★:2017/12/09(土) 22:54:47.57 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/EUt1MA2.jpg 清水エスパルスは9日、GK櫛引政敏と来季の契約を締結せず、今季をもって契約満了とすることを発表した。今季はファジアーノ岡山に期限付き移籍していたが、7日に岡山も期限付き移籍期間の満了を発表していた。

 現在24歳の櫛引は青森山田高校を卒業後、2011年に清水に加入した。加入初年度と翌年は出場機会を得られなかったが、2013年には明治安田生命J1リーグで20試合、2014年には29試合に出場を果たした。2016年には鹿島アントラーズに、今季は岡山にそれぞれ期限付き移籍を経験。今季はJ2リーグで6試合に出場していた。通算ではJ1リーグに59試合、J2リーグに6試合、J3リーグに5試合出場を記録している。また、2016年にはリオデジャネイロ・オリンピックの日本代表にも選出され、1試合に出場した。

 契約満了にあたり、櫛引は清水のクラブ公式HPで以下のようにコメントしている。

 「高卒でエスパルスに加入し、スタジアムで初めてサンバのリズムの応援を聴いたとき、鳥肌が立ったのを覚えています。 今年で退団となりますが、このチームで経験したことを、これからの自分のサッカー人生にいかしていきたいと思います。 今までありがとうございました

12/9(土) 15:45配信

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20171209-00681806-soccerk-000-1-view.jpg
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00681806-soccerk-socc

続きを読む

ピンチ!?、ハリル日本連勝の中国戦、平均視聴率10・7% 瞬間最高視聴率16・4%をマーク

1 :動物園φ ★ :2017/12/13(水) 10:31:27.13 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/aeefnFX.jpg
小林悠、昌子弾でハリル日本連勝の中国戦中継、瞬間最高視聴率16・4%をマーク
12/13(水) 10:15配信 スポーツ報知

ロングシュートを決め、祝福を受ける昌子(中央)

◆サッカー 東アジアE—1選手権(男子)▽第2戦 日本2—1中国(12日・味の素スタジアム)

 12日にフジテレビ系で放送されたサッカー東アジアE—1選手権男子の日本−中国戦の平均視聴率(後7時)が10・7%を記録したことが13日、分かった。

  日本代表は2試合連続で先発した日本代表FW小林悠(30)=川崎=が代表10試合目で初得点。後半43分には、DF昌子源(25)=鹿島=が衝撃の43メートル弾で代表初ゴールとなる追加点を決めた。

 瞬間最高視聴率は午後9時9分に記録された17・4%。2−0で迎えた後半ロスタイム、中国に1点を返されて試合終了した場面で16・4%を記録した。

 2連勝で首位に立った日本は13年以来2大会ぶりの優勝を目指し、16日に1勝1分けの韓国と対戦する。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)


VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:—-: EXT was configured
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000076-sph-ent

続きを読む

<UAE記者が見た本田圭佑の“価値”>代表メンバー外の現状に疑問符「理解不能だ」「間違いなく上のレベルの選手だと思う」、代表追放に??

1 :Egg ★:2017/12/12(火) 06:03:44.04 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/og99Xh0.jpg 準々決勝のカサブランカ戦を取材したハリド記者は高評価「タフに戦っていた」

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171212-00010000-soccermzw-000-1-view.jpg

パチューカ(メキシコ)のFW本田圭佑は、9日のFIFAクラブワールドカップ(W杯)準々決勝・ウィダード・カサブランカ(アフリカ)戦にフル出場。延長戦の末に1-0で勝利したなか、惜しいミドルシュートを放つなど存在感を示した。現地UAEでカタール資本の衛星放送局「ビーイン・スポーツ」で記者を務めるハリド記者は、「なぜ本田は日本代表に呼ばれないのか?」と、バヒド・ハリルホジッチ監督の選考に疑問符をつけている。

 ハリド記者は第1試合でパチューカ、第2試合で浦和レッズが準々決勝を行った会場で、第1試合の担当をしていたという。実際にプレーを見た本田について、「タフなゲームだったけれども、本田もまたタフに戦っていたと思う。ACミランでプレーしていたことは知っていたが、良いシュートも打っていたし、とても良い選手だと感じた」と高く評価した。

 今年11月に日本代表が欧州遠征を行った際、ベルギー代表との親善試合も担当したというハリド記者。当時のハリルジャパンに、本田が招集されていなかったことを疑問に思ったようだ。

「ベルギー戦で日本代表のゲームを見ることができたけれども、日本も良いチームだとは思う。ただし、なぜ本田が呼ばれないのか? パチューカの試合を見た後に、正直なところ疑問に思った。怪我でもしていたのか?」

「間違いなく上のレベルの選手だと思う」

 負傷の情報は伝わっていないことを話すと、ハリド記者は「理解不能だ。間違いなく上のレベルの選手だと思う」と本田の価値を訴え、改めてハリルジャパンに招集されないことは不可思議だと繰り返した。

 欧州遠征での日本代表と、このクラブW杯での本田の双方を見た記者にとって、本田がメンバー外である現状は不自然なものと映っている。パチューカは12日に南米王者グレミオ(ブラジル)と対戦し、“下剋上”での決勝進出を狙っているが、本田はハリルホジッチ監督の考えを変えさせるだけのプレーを見せることができるだろうか。

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

12/12(火) 5:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171212-00010000-soccermzw-socc

続きを読む