今後数年もバイエルンの“一人勝ち”? ギュンドアンがブンデスに言及、ピンチ??

1 :数の子 ★:2018/02/13(火) 17:58:21.29 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/JudVxml.jpg 今シーズンもバイエルンが首位を独走しているブンデスリーガ。2位ライプツィヒとの差は18ポイントで、史上初となるバイエルンの6連覇が確実視されている。

 バイエルンが“一人勝ち”状態にあるブンデスリーガについて、マンチェスター・Cのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが言及した。同選手はスイスメディア『Blick』のインタビューに応じている。

 バイエルンと他クラブとの間にあまりにも大きな戦力差があることから、ブンデスリーガについて「退屈過ぎる」、「ブンデスリーガよりもプレミアリーグのほうが面白い」といった意見も出始めている。

 かつてニュルンベルクやドルトムントでプレーしていたギュンドアンも「ブンデスリーガでは試合中に起きる出来事が少なすぎる。ほとんどのチームが、自分たちでアクションを起こすことよりも確実性やミスをしないことを重視している」と指摘。ブンデスリーガを退屈にしている要因の一つについて、自身の考えを明かした。

 またギュンドアンは、バイエルンの首位独走が続いている状況について「バイエルンは数十年にわたって高いクオリティーを維持しているし、他のクラブが今後数年のうちに彼らを抜くのは難しいと思う。それに比べると、プレミアリーグでは優勝を狙えるチームがいくつかあるから、バランスが取れているね」とコメント。今後も数シーズンはバイエルンの独走が続くと予想している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00714752-soccerk-socc

続きを読む

ラッキーか(っ’-‘)、アギーレ氏(元日本代表監)に懲役2年、6年間のサッカー界追放を求刑へ スペインL八百長疑惑

1 :豆次郎 ★:2018/02/14(水) 18:55:40.65 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/FjosSub.jpg 2/14(水) 18:47配信
 サッカー元日本代表監督で、現アルワフダ(UAE)監督のハビエル・アギーレ氏(59)に対し、試合結果を操作したとしてスペイン検察庁が懲役2年、さらに6年に渡りサッカーに関するあらゆる活動ができないよう求刑するという。14日のスペイン紙マルカが伝えている。

 記事によると、金品の譲渡・受け取りにより試合結果を操作したとされる2010−11シーズンのレバンテ−サラゴサ戦の選手・監督すべてに同処分が求められる見通し。対象者はかなりの数にのぼるとみられ、アトレチコ・マドリード主将のMFガビ、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のMFアンデル・エレーラ(以上、当時サラゴサ所属)、現在レスター(イングランド)で日本代表FW岡崎と同僚のMFイボーラ(当時レバンテ)らの名前が挙がっている。なおサッカー界の関与禁止はあらゆる国のあらゆる役職が対象になるため、事実上の業種からの追放になる。

 もっとも、仮に実刑判決が言い渡されたとしても前科がなければ、実際に収監される可能性は高くないという。ただし同氏はエスパニョール指揮当時の13−14シーズンのオサスナ戦についても同様の嫌疑がかけられているため、こちらでも有罪判決が出た場合には収監が避けられない状況が考えられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000123-dal-socc

続きを読む

世耕弘成、刃物、宇佐美スーパーボレー弾!!5か月ぶり今季3点目でドローに持ち込む

1 :豆次郎 ★:2018/02/17(土) 23:07:24.56 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/pkoQMmj.jpg 2/17(土) 23:05配信
宇佐美スーパーボレー弾!!5か月ぶり今季3点目でドローに持ち込む

[2.17 ブンデスリーガ2部第23節 デュッセルドルフ1-1グロイター・フュルト]

 ブンデスリーガ2部は17日、第23節を各地で行い、FW原口元気とFW宇佐美貴史所属のデュッセルドルフはホームでグロイター・フュルトと対戦し、1-1で引き分けた。第21節ザントハウゼン戦で脳震盪を起こした原口は2戦連続でメンバー外。宇佐美は後半15分から途中出場し、後半31分に同点ゴールを叩き込んだ。

 グロイター・フュルトが直接FK弾で試合を動かした。前半9分、右サイドからのスローインを受けたDFハレド・ナレイがPA右を縦に仕掛けると、DFニコ・ギーセルマンに倒され、FKを獲得。キッカーのDFマクシミリアン・ビッテクがPAから左足を振り抜くと、強烈なシュートはGKの手をかすめてゴール左隅に突き刺さった。

 デュッセルドルフが圧倒的なボール支配率で試合を進めたが、0-1で前半を折り返した。迎えた後半15分、宇佐美がピッチに入り、右サイドハーフの位置でプレー。後半22分には宇佐美が右CKのキッカーを務め、右足で蹴り込むと、ニアサイドのホフマンが強烈ヘッドで合わせたが、枠を捉えられなかった。

 迎えた後半30分、右後方からのFKをFWハーバード・ニールセンがワンタッチで落とすと、走り込んだ宇佐美が巧みな左足トラップから強烈な右足ボレーでゴールを射抜いた。宇佐美の得点は昨年9月23日の第8節ザンクト・パウリ戦(2-1)以来、約5か月ぶり。今季3点目となるスーパーゴールを叩き込み、1-1の引き分けに持ち込んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-01650644-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180217-01650644-gekisaka-000-1-view.jpg

続きを読む

ピンチ(ᅙωᅙ)ふっふっふ、ACL:C大阪、水沼の土壇場決勝ゴールでアウェー済州戦に勝利![18/02/14]

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/02/14(水) 21:41:09.96 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/EyQJNTP.jpg 【ACL】C大阪、水沼の土壇場決勝ゴールでアウェー済州戦に勝利!
2/14(水) 21:37配信 SOCCER DIGEST Web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180214-00035690-sdigestw-socc

後半には惜しいシーンも作った清武。(C) Getty Images

■後半アディショナルタイムに決勝点。

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ1節、グループG・済州ユナイテッド対セレッソ大阪の一戦が2月14日、済州ワールドカップスタジアムで行なわれ、C大阪が1-0で勝利を収め、白星スタートを切った。

【PHOTO】セレッソ大阪を応援する美女サポーター

 C大阪は、ゼロックス・スーパーカップを欠場したソウザがスタメンに復帰。GKは韓国代表GKのキム・ジンヒョン、DFは右から松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介と入り、中盤はボランチに日本代表の山口蛍とソウザ。左MFに清武弘嗣、右MFに水沼宏太、2トップは柿谷曜一朗と杉本健勇の新旧日本代表コンビとなった。

 試合は、C大阪が圧倒的にボールを支配。前半途中で70%を超えるポゼッションを誇ったが、済州も堅い守りでゴールを許さない。

 試合終盤には、プレーの流れのなかで清武と相手選手がもつれ、両軍が入り乱れて熱くなるシーンも。このプレーで清武と済州のパク・ジンポにはイエローカードが提示された。結局、前半は0-0で終了。

 後半もボールを支配するC大阪に対して、済州はロングフィードでディフェンスラインの裏に大きく放り込んでくる展開に終始。61分には、C大阪ゴール前に際どいクロスが入ると、飛び込んだGKキム・ジンヒョンに対して、警告を受けているパク・ジンポがアフター気味に足の裏を見せて激突。しかし、このプレーにはイエローカードは提示されず、C大阪のユン・ジョンファン監督も激昂して第4審判に詰め寄るシーンも。

 さらにその直後には、柿谷のポストプレーに対して、相手DFが身体ごと掴みかかるようなタックルでファウル。再びユン・ジョンファン監督が声を荒げてアピールすると、バーレーン人主審にたしなめられる一幕もあった。

 C大阪は65分すぎ、左サイドでボールを奪うと、杉本、柿谷のパス交換から清武が右足で強烈なシュートを放つ。しかし、これは相手GKの好守に阻まれ、ゴールネットを揺らすには至らない。

 終盤に入ると、C大阪のペースも落ち、済州に攻勢を許す時間帯も見られたが、後半アディショナルタイムの93分、途中出場の高木俊幸のシュートのこぼれ球を水沼が押し込み、これが決勝点。C大阪が土壇場で飛び出したゴールで白星スタートを切った。

 C大阪は次節(21日)、ホームのヤンマースタジアム長居で広州恒大と対戦する。
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180214-00035690-sdigestw-000-view.jpg

続きを読む

グッさあ(*゚∀゚)、メキシコリーグ:本田、CKで決勝点アシスト パチューカ後期2勝目[18/02/12]

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/02/12(月) 13:44:38.48 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/PyTMC6h.png 本田、CKで決勝点アシスト パチューカ後期2勝目
2018年2月12日10時52分 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201802120000186.html

前半、競り合うパチューカFW本田(撮影・PIKO)

<メキシコリーグ:ベラクルス0−1パチューカ>◇11日◇ベラクルス

FW本田圭佑が決勝ゴールをアシストし、パチューカの後期2勝目に貢献した。

右サイドでアウェーでのベラクルス戦に先発。アロンソ監督が退席処分となった直後の前半35分、右CKを左足で低い弾道でニアを狙ったキックを放つと、相手DFの前に出たMFグティエレスが頭を合わせたボールは大きな弧を描いて相手GK、DF陣の頭上をふわりと越え、ファーのポストをたたきながらゴールに飛び込む先制ゴールとなった。本田は後期4アシスト目で、後期全試合で得点に絡む活躍となった。

後半は守備重視となった戦術と前半早々にイエローカードを受けたこともあり、同27分にFWパラシオスとの交代を告げられた。やや怪訝そうな表情でゆっくりと歩いてピッチを去り、後期の連続フル出場は5試合で止まった。

パチューカは前半の1点を守り抜き、後期初の無失点で連敗を2で止め、2勝1分け3敗で勝ち点を7とした。
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/img/201802120000186-w500_0.jpg

続きを読む

羽生結弦、ハビエル・フェルナンデス、鹿島、ACL初戦は上海申花に1-1ドロー 内田はフル出場も勝ち越しゴールはならず

1 :豆次郎 ★:2018/02/14(水) 21:01:30.19 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/gY5T5QK.jpg 2/14(水) 20:51配信
Football ZONE web

前半4分にモレノのヘディングシュートで先制を許す

 鹿島アントラーズは14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第1戦・上海申花(中国)戦に臨んだ。今季から日本に復帰したDF内田篤人が先発に入った試合は前半4分に失点したものの、後半に同点ゴールを奪い1-1で引き分けた。

 昨季はJ1リーグ2位でACL出場権を手に入れた鹿島。今季こそ悲願の初タイトルを手に入れるべく、本拠地カシマスタジアムにナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンス、コロンビア代表MFフレディ・グアリンら擁する上海申花を迎えた。大岩剛監督は内田、そして東京Vから加入の安西幸輝を先発起用。センターバックは日本代表DF昌子源と植田直通、2トップにはペドロ・ジュニオールと鈴木優磨が入った。

 しかし前半4分、鹿島は試合の入りに失敗する。左CKからの流れで放たれたシュートはクロスバー直撃で命拾いしたが、マルティンスのクロスにGK曽ヶ端準がはじき切れず、FWジョバンニ・モレノのヘディングシュートを浴びて先制を許した。

 いきなりのビハインドとなった鹿島は攻勢を強めるも、なかなかゴールを割れない展開に。前半30分にはMF遠藤康の直接FK、右CKからDF昌子源のヘディングシュートと立て続けに決定機を迎えたがチャンスを生かせなかった。内田も同35分に鈴木の頭に合わせるクロスなどを送り込むも得点につながらなかった。

遠藤がこぼれ球を胸で押し込み同点に

 1点ビハインドでハーフタイムをおりかえした鹿島だったが、後半6分に反撃の狼煙を上げる。ペナルティーエリア内で混戦となると、鈴木がやや強引にシュートを放ち、最後はこぼれ球を遠藤がとっさの判断で胸で押し込んでゴールネットを揺らす。鹿島が勝負強さを見せて1-1に追いついた。

 その後は同22分に安西がシュートを放つ場面があったものの、なかなか試合を動かせない。後半32分にはマルティンスにニアサイド至近距離からシュートを打たれたが、曽ヶ端が手ではじき出して難を逃れた。

 そして、試合終了間際にレオ・シルバが決定機を生かせず、アディショナルタイムには内田が果敢にシュートを放つも、結局このままスコアは動かずタイムアップの笛がなかった。90分間戦い切った内田の古巣復帰戦を勝利で飾ることこそできなかったが、ホームでの敗戦は逃れた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180214-00010024-soccermzw-socc
https://amd.c.yimg.jp/im_siggC2WdpwPpDT7L4nTQ.Sh3Dw—x900-y600-q90-exp3h-pril/amd/20180214-00010024-soccermzw-000-1-view.jpg

続きを読む

Jリーグ、今季から金曜開催を新設。村井チェアマン「ファンと深い絆を作る第一歩」[18/02/15]、コロコ(*´ー`*)♡♡♡

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/02/15(木) 19:53:58.74 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/nMrlenC.jpg Jリーグ、今季から金曜開催を新設。村井チェアマン「ファンと深い絆を作る第一歩」
2018年02月15日(Thu)16時29分配信 フットボールチャンネル
https://www.footballchannel.jp/2018/02/15/post256322/
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00256322-footballc-socc

Jリーグの村井満チェアマン【写真:Getty Images】

Jリーグの新シーズン開幕を前にした15日、都内で2018Jリーグキックオフカンファレンスが行われた。

今年から新たな取り組みとして「FRIDAY NIGHT J.LEAGUE」と題し、金曜日夜にJ1の公式戦が開催する。今季の開幕戦は2月23日、金曜日夜に行われるサガン鳥栖対ヴィッセル神戸に決まった。

この新しいチャレンジは「お客様との関係を深くする第一歩の手段」と、Jリーグの村井満チェアマンは語る。Jリーグは開幕から25周年を迎え、「広げた根を深く張っていく」うえで設けた重要なものだ。

村井チェアマンは「1週間のうち2日間しか接点がないのではなくて、金曜日からお客様と接点ができるような、深い絆を作っていく第一歩だと思っています」と語る。土曜日や日曜日だけでなく、金曜日の仕事終わりにスタジアムへ足を運ぶ。日本に新たなサッカー文化が根づくきっかけになるかもしれない。
https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2018/02/20180215_mitsuru_getty-560×373.jpg

続きを読む

柴崎岳は後半途中交代、チームはバルサ相手にドロー、何本か枠に!?

1 :豆次郎 ★:2018/02/12(月) 02:24:38.21 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/lLv234x.jpg 2/12(月) 2:20配信
日刊スポーツ

柴崎岳は後半途中交代、チームはバルサ相手にドロー
ヘタフェMF柴崎岳
<スペインリーグ:バルセロナ0−0ヘタフェ>◇11日◇バルセロナ

 柴崎岳が所属するヘタフェは0−0の引き分けに終わった。柴崎は無得点で後半43分に交代した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00123429-nksports-socc

続きを読む

帰省ラッシュ、日本電産、ピエール瀧が語る「サッカー岡崎慎司」イギリスでの人気ぶり

1 :3倍理論 ★:2018/02/13(火) 17:53:37.22 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/UmgJjOI.jpg 2月8日放送の『たまむすび』(TBSラジオ)にて、ミュージシャンの電気グルーヴ・ピエール瀧が、イギリスを訪れ、サッカーの岡崎慎司選手の試合を見たエピソードを語っていた。

 瀧の高校の同級生が、岡崎の友人だったことがきっかけで、清水エスパルス時代から交流があったという。その友人から8年ぶりに誘いがあり、プレミアリーグ・レスターの試合を見に、イギリスへ向かった。

「試合は引き分けちゃって。その後に、その同級生が『せっかく来たので、慎司が飲もうって言ってるよ』って言うから、『飲む、飲む!』って話じゃないですか。

 岡崎くんがレスターの街のパブをおさえてくれたんですけど。また、そのパブがいいパブでね。本当、昔ながらのさ、これぞイングランドっていう感じの、ものすごくいいパブなんですよ」

 そこで、夜中まで飲み続けたとか。

「バカ話に飢えてたんでしょうね。7時か8時ぐらいから飲み始めて、夜中の2時すぎまでずーっとバカ話と下ネタですからね。『いいぞ! 下ネタをこんなに楽しそうに話すヤツが日本のフォワードとは頼もしい!』って(笑)」

 街中では、岡崎の人気ぶりはすさまじく、常に声をかけられていたという。

「やっぱり街中から『おっ、シンジじゃん!』って。ホームでタイトルを取ったときのフォワードなわけですよ。みんな『写真、いい?』っていう感じで来て。

 日本の『キャーッ!』みたいなやつじゃなくて、友達感覚なんですよね。おっさん、おばさんたちがみんな『シンジ、シンジ!』って横でうれしそうに写真を撮って。本当にうれしそうにするんですよね。それを見ている俺の誇らしいこと、誇らしいこと!(笑)」

 一流アスリートながら、バカ話に明け暮れる人柄で、地元でも大人気なのだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180213-00010008-flash-ent

続きを読む

レアル、3発逆転勝利でネイマール擁するPSG下す! C・ロナウドがCL通算100得点超え、グッさあ(*´ー`*)♡♡♡

1 :豆次郎 ★:2018/02/15(木) 06:47:28.39 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/x7C9nFY.jpg 2/15(木) 6:36配信
レアル、3発逆転勝利でネイマール擁するPSG下す! C・ロナウドがCL通算100得点超え

【レアル・マドリー 3-1 PSG チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ】

 現地時間14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグの試合が行われ、レアル・マドリーはパリ・サンジェルマン(PSG)をホームに迎えて対戦。

 試合開始して26分、クリスティアーノ・ロナウドがゴール真正面からフリーキックを蹴ったがゴール上に外れ先制ならず。直後の28分にもC・ロナウドに決定的な場面が訪れるが、PSGのGKアルフォンス・アレオラにセーブされて得点が決まらない。

 反対に33分、クロスボールをネイマールがゴール前で落とし、後ろから走り込んできたアドリアン・ラビオが押し込んでPSGに先制点が入った。それでも45分、トニ・クロースがペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得すると、このPKをC・ロナウドがしっかりと決めてマドリーが同点に追いつく。

 続く83分、GKアレオラが弾いたボールをC・ロナウドが押し込みマドリーが逆転に成功。さらに86分、味方がゴール前に折り返したボールをマルセロがダイレクトで流し込み3点目が入った。結局、リードを守り切ったマドリーが3-1の勝利をおさめている。2ndレグは現地時間3月6日にPSGのホームで行われる予定だ。

【得点者】
33分 0-1 ラビオ(PSG)
45分 1-1 C・ロナウド(マドリー)
83分 2-1 C・ロナウド(マドリー)
86分 3-1 マルセロ(マドリー)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00256178-footballc-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180215-00256178-footballc-000-1-view.jpg

続きを読む