「“芸能界( ・_・)ノΞ、桐谷美玲スーパーファミコンきっかけでゲーマーに

1 :膳摩漏 ★ :2017/12/07(木) 22:22:51.32 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/3ecyX0h.jpg 女優桐谷美玲(27)が7日、都内で、主演映画「リベンジgirl」(三木康一郎監督、23日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。

人生のターニングポイントを聞かれると「事務所にスカウトされたことですかね」と返答した。「全く芸能界に興味が無くて、自分からやろうとは思っていなかったので、
スカウトされていなかったら今この舞台に立っていません」と明かした。

 クリスマスの思い出を「スーパーファミコン」といい、「小学生の時にサンタさんにもらいましたが、その時から私のゲーム人生が始まりました。今も休みの日は家にこもってゲームをしています」と笑った。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712070000659.html

続きを読む

<本田圭佑>クラブW杯で真価発揮!中盤起用での躍動・・・ハリルJにもたらす可能性、ただ、レア+#+

1 :Egg ★:2017/12/14(木) 17:14:10.31 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/A2lFLQA.jpg 12日、2017 FIFAクラブワールドカップUAEの準決勝が行われ、本田圭佑の所属する北中米カリブ海王者のパチューカは、ブラジルのグレミオを相手に延長戦の末に0-1で敗れた。
初戦に続き中盤起用となった本田はチームの中心的選手として随所に存在感を発揮。敗れはしたものの、南米王者を相手に持てる力を存分に見せつけた。(文:河治良幸)

●右足に不安を抱えているとは思えない存在感

アフリカ王者のウィダード・カサブランカを延長戦でくだしてから、中2日で南米王者グレミオに挑んだパチューカ。フル出場した前の試合に続き[4-3-3]の右インサイドハーフで先発した本田圭佑は
右足に不安を抱えているとは思えない動きで存在感を放ち、南米王者のディフェンスを苦しめた。

インサイドのプレーで目立ったのは1タッチ、2タッチのショートパスの多さ。しかも、周りのビクトル・グスマンやホナタン・ウレタビスカヤが前を向ける状況を作るパスだ。

瞬時の1歩、2歩の動きでグレミオの守備を外し、とにかく味方から影にならないポジションでパスを引き出すと、1タッチパスでアンカーのホセ・エルナンデスに渡す、
あるいはファーストコントロールでディフェンスの逆に持ち出して叩くなど、時間をかけずに起点として機能した。

そこからチャンスと見た時の縦への仕掛けは迫力があった。8分に惜しいミドルシュートを放ったシーンでは右ウィングのウレタビスカヤが二人のディフェンスを引き付けて中に出すと、
1タッチ目で左斜めのスペースにコントロールし、ディフェンスラインがブロックを作り切れないタイミングで左足を振り抜いた。

南米王者のデュフェンスはハイプレスをかけてはこないものの、中盤とウィングが絡むところに3枚、4枚と厳しいプレッシャーをかけてくる。

ウルグアイ代表のウレタビスカヤはボールを持って縦に仕掛けるタイプで、左インサイドハーフのグスマンは2列目から飛び出すチーム随一の得点源であることを考えれば、
本田とアンカーのエルナンデスがいかにプレッシャーを引き受けるかが、中途半端にボールを失わず、チャンスを作るための生命線だった。

周りの特徴をうまく引き出しながら、機を見てフィニッシュに絡んでいこうという意識はチーム戦術を理解し、味方との信頼関係が無ければ成り立たない。
グレミオのディフェンスにとっては本田にボールが入ると何かが起きるという感覚もあっただろうが、主には個で打開するより周囲をうまく生かし、タイミングを見計らって仕掛けてくるという形で非常に厄介だったはずだ。

つづく

12/14(木) 12:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171214-00010003-footballc-socc

続きを読む

強制して!!、「南京大虐殺・慰安婦問題はウソ」 信じる産経読者たち

1 :名無しさん@涙目です。:2017/12/12(火) 20:10:15.36 ID:D1Qxtb7Y0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/fiFqhaQ.jpg http://img.2ch.net/ico/naoruyo.gif
 「80年前、旧日本軍はおよそ2万〜8万人の中国人女性や少女をレイプし、30万人余りが殺害された。
当時南京にいた欧米人の目撃者はこの世の地獄のような虐殺だったと証言している」

 11月30日のカナダ連邦議会下院。西部ブリティッシュコロンビア州選出で
香港出身の女性議員、ジェニー・クワンの熱のこもった発言に議場から拍手が起きた。

 クワンはこう続けた。
 「南京大虐殺の後、旧日本軍の軍性奴隷システムは急速に拡大した。
韓国、フィリピン、中国、ビルマ、インドネシアやその他、日本の占領地域から
20万人ほどの女性がだまされたり、誘拐されたりして、
売春施設で強制的に『慰安婦』として、旧日本軍兵士のために働かされた」

 クワンは国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に
「南京大虐殺文書」が登録されたことも紹介したうえで、ある団体に言及し発言を締めくくった。

 「カナダALPHAの献身に感謝したい」

 クワンは連邦議会での発言について、産経新聞の取材に
「いかなる歴史的な残虐行為も記憶にとどめるべきだと信じている。
『ネバー・アゲイン』の精神だ」とメールで回答した。

 南京事件と慰安婦。嘘と知らずに聞けば、その衝撃は強烈に違いない。

http://www.sankei.com/premium/news/171212/prm1712120008-n1.html

続きを読む

横綱・白鵬「事実です。警察に相談しています」=「必ず●す」等と書かれた脅迫封書の存在。、雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!、日本放送協会

1 :スレ立て代行@ベクトル空間 ★:2017/12/14(木) 11:19:46.20 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/l39SQ3d.jpg 5ちゃんねる相撲板
http://mao.5ch.net/sumou/

福岡・北九州市で11日に行われた大相撲冬巡業の会場に
「白鵬を必ず殺す」などと脅迫する封書が名指しで届けられた横綱白鵬(32=宮城野)が、
封書の内容を確認していたことが13日、分かった。
この日の沖縄・宮古島巡業初日で、
貴乃花親方(元横綱)の代理で巡業部長を務める春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)が明かした。

封書は、北九州市立総合体育館に郵送で届いた後に白鵬に渡され、
内容を確認した後に同広報部長の元に渡ったという。
「事実だよ。あったんだよ」とあらためて脅迫文の存在を認めたが、
詳しい内容については「今は捜査中だから」と伏せた。

白鵬も「協会が対応していることなので」と多くを語らなかった。
11日に警察に連絡済みで、
春日野広報部長は今後の対応について
「被害届を出すのか、出さないのか警察に相談しているところ」と慎重な構えを見せた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00077025-nksports-fight

続きを読む

琉球新報「米軍ヘリから窓落ちた。普天間基地閉鎖だ!海兵隊出てけ!日本は主権国家じゃない!」、まあ実際問(´ ω `)ノシ

1 :ロンダスレ乱立する茨城とは別人です :NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/vQ6iZfw.jpg http://img.5ch.net/ico/monatya.gif
<社説>米軍ヘリ窓落下 普天間飛行場の即閉鎖を

 大切な子どもたちの命が重大な危険にさらされた。看過できない事態である。
米軍普天間飛行場を直ちに閉鎖すべきだ。

 普天間第二小学校の運動場に、普天間所属のCH53E大型輸送ヘリコプターの窓が落下し、4年生の男児1人の左腕に石が当たった。
当時運動場にいた約60人の児童から約10メートルしか離れていなかった。
 落下した窓は金属製の外枠があり、90センチ四方で、重さ7・7キロ。
運動場中央には落下物の痕跡が残り、周辺にはアクリル製とみられる割れた透明板が散らばっていた。落下の衝撃の大きさが分かる。
 まさに重大事故につながりかねない事態であり、多数の児童が犠牲になった1959年の宮森小学校米軍機墜落を想起させる。

 これほどの重大事態にもかかわらず、政府は同型機の飛行停止ではなく、飛行自粛を求めただけだ。あまりにも弱腰すぎる。全ての訓練の即時中止を求める。

 事故を受け菅義偉官房長官は「(事故は)あってはならない」と発言した。
「あってはならない」事故が引き起こされるのは、沖縄に米軍基地が集中しているからである。県民の命を守るためには、海兵隊の撤退しかない。

続きます
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-630559.html

続きを読む

<夜のラジオ番組「MBSヤングタウン」50歳!>大みそかに特番!歴代のパーソナリティーは谷村新司、ダウンタウンら、これは凄い( ・_・)ノΞ

1 :Egg ★:2017/12/12(火) 18:51:51.18 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/RDVXliS.jpg 夜のラジオ番組「MBSヤングタウン」が今年、放送50年を迎えた。歴代のパーソナリティーは桂文枝さんや谷村新司さん、ダウンタウンら、
そうそうたる顔ぶれで主に若者に人気を集めた。

週6〜7日の放送日は1999年から土日のみとなったが、土曜の明石家さんまさん、日曜の笑福亭鶴瓶さんが今も「ヤンタン」の看板を守る。
MBSラジオは31日午後8時、過去の出演者らが半世紀を振り返る特別番組を放送する。【山田夢留】

◇関西の若者の耳、引き寄せ

放送開始は1967年10月2日(当初の番組名は「歌え!MBSヤングタウン」)。当時、各局は相次いで団塊世代の若者を狙って深夜番組を始めた。
ヤンタンは、大阪府吹田市にあった毎日放送スタジオでの公開収録が支持され、すぐさま人気番組に。80年夏には谷村さんら出演の放送が7.7%というラジオ番組としては異例の高聴取率を記録した。

81年から12年間、制作に携わった元プロデューサー、宇野幹雄さん(66)は「当時一番パワーのある番組を担当できてうれしかった」と振り返る。
80年代半ばからテレビやFMラジオにリスナーが流れ、聴取率は低迷。だが、92年にはさんまさんが自ら手を挙げて番組に復帰、99年には鶴瓶さんも復帰した。

他局の長寿番組が相次ぎ姿を消す中、大物2人の奮闘でヤンタンは存続した。他メディアと違い、ラジオ番組は語りだけが勝負。
宇野さんは「ラジオのギャラは高くないし、毎週の放送で拘束される。2人が続けてくれるのは自分の芸にとり、どれだけ重要か分かっているからでは」と語る。

31日の特番では番組草創期の文枝さんと当時アナウンサーの斎藤努さんのコンビや、71〜84年に担当した笑福亭鶴光さん、角淳一さんのコンビらが出演。
鶴光さんは今月上旬、大阪での番組収録後に「年を取るにつれ『こんなに多くの人に聴かれてたんやな』と分かってきた。
いろんな偉いさんから『昔、ヤンタン聴いてました』と言われる」と語り、中高生らに絶大な人気を誇った往時の存在感をうかがわせた。

特番「MBSヤングタウン50年クロニクル」ではメッセージや番組を録音した音源の提供を募集中。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000056-mai-soci

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171212-00000056-mai-000-view.jpg

続きを読む

スター・ウォーズシリーズ、ルーク・スカイウォーカー、ドワンゴ川上会長、niconico運営責任者を“退任”

1 :ばーど ★:2017/12/12(火) 21:36:01.26 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ZlzaZT5.jpg ドワンゴの川上会長が「niconico」運営責任者を退任。同社取締役の栗田穣崇氏が引き継ぎ、ユーザーから批判が殺到した「画質、重さ」問題に臨む。

 ドワンゴは12月12日、川上量生会長が動画サービス「niconico」の運営責任者を退任すると発表した。同社取締役の栗田穣崇氏が引き継ぎ、ユーザーから批判が殺到した「画質、重さ」問題の対策を進めるという。川上会長は運営方針の決定権を移譲するが、新規サービスの開発などには携わるとしている。

 12日午後8時からニコニコ生放送で配信した「動画と生放送サービスに対する意見交換会」で、栗田氏が明らかにした。これまでは川上会長が生放送番組など出演し、ユーザーとコミュニケーションする“窓口”を務めていたが、今後は栗田氏が引き継ぐ。

 同社は11月末、niconicoの新バージョン「く」の詳細を発表。新ユーザーインタフェース「nicocas」を含め新機能を盛り込んだが、当初のリリース予定時期(10月)から遅れた上に、以前からユーザーの多くが指摘していた画質・読み込み速度の課題が「完全には解決していない」(川上会長)ことが明らかに。ネット上では「新機能を実装するよりも基本機能を優先して改善すべきではないか」との批判が相次いだ。

 これを受け、川上会長が30日、「ユーザーの不便や不満点に十分目を向けられていなかった」と謝罪し、近く画質を向上させると発表した。一方、栗田氏のTwitterアカウントには、28日の発表会以降、批判や意見が殺到。栗田氏が個別に返信(リプライ)していた。

配信2017年12月12日 20時51分
[ITmedia]
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/12/news126.html

続きを読む

警察庁、送致、第9回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング 1位は竹内涼真、2位 竹野内豊、3位 ディーン・フジオカ

1 :muffin ★:2017/12/14(木) 20:00:58.73 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ipHTLd3.jpg https://www.oricon.co.jp/special/50526/
2017-12-14

ORICON NEWSでは、年末恒例企画『第9回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング』を発表。
今年、見事首位を獲得したのは、同ランキング初登場となる【竹内涼真】。
過去、福山雅治の5連覇による殿堂入り後、向井理、木村拓哉、ディーン・フジオカが1位を飾ってきたが、竹内は歴代最年少の24歳で首位を戴冠した。
※福山雅治は2013年に同ランキング5連覇を達成し殿堂入り。
(略)

第9回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキングTOP10
1位 竹内涼真(↑初)
2位 竹野内豊(→2位)
3位 ディーン・フジオカ(↓1位)
4位 妻夫木聡(↑6位)
5位 高橋一生(↑初)
6位 木村拓哉(↓5位)
7位 坂口健太郎(↑初)
8位 福士蒼汰(↑7位)
9位 佐藤健(↓3位)
10位 玉木宏(↓8位)

【調査概要】
調査時期:2017年12月5日(火)〜12月11日(月)
調査対象:計500名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男性)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ

続きを読む

本田圭佑をブラジル人記者が称賛「パチューカのベストプレーヤー」「日本人は誇りに思っていい」、岡村 隆史、讀賣テレビ放送

1 :豆次郎 ★:2017/12/13(水) 16:39:19.68 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/jmjC5Qq.jpg 12/13(水) 6:13配信
本田圭佑をブラジル人記者が称賛「パチューカのベストプレーヤー」「日本人は誇りに思っていい」
【グレミオ 1-0 パチューカ クラブW杯準決勝】

現地時間12日に行われたクラブW杯準決勝グレミオ対パチューカの一戦は、延長戦の末、1-0でグレミオが勝利した。パチューカのMF本田圭佑はフル出場している。

本田のパフォーマンスを対戦相手グレミオの地元、ブラジルメディアはどう見たのか。TV局グローボのマルコス・ヴェスターマン記者は語る。

「驚きだ。大きな驚きだ。本田は今日のパチューカで最も良かった。ベストプレーヤーだ。こんなにいい選手だったとは」

本田はこの日のパチューカを牽引。何本ものチャンスを演出するパスを出し、自身にも決定機が複数あった。ヴェスターマン記者は「グレミオ相手にこれだけやれるとは…」と手放しで称賛。

「本田のことは知っていた。だが、このような大きな大会でこれだけのハイパフォーマンスを発揮できるなんて! 日本人は本田という選手がいることを誇りに思っていい。繰り返すが今日のパチューカで最も良かったのが本田だ」

サッカー王国ブラジルの記者をも唸らせた本田。「悔いはない」と本人が語っているように、最高の本田を世界に見せつけたと言ってもいいだろう。

パチューカは16日、3位を懸けてレアル・マドリー対アル・ジャジーラの敗者と対戦する。

(取材・文:植田路生【アルアイン】)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171213-00246477-footballc-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171213-00246477-footballc-000-1-view.jpg

続きを読む

Not A Hero、社員、「藤浪晋太郎がトレード要員」って本当?

1 :きゅう ★:2017/12/12(火) 17:09:28.76 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/1OMh6Fq.jpg  藤浪晋太郎(23)が契約更改に臨んだのは、12月1日だった。今季は開幕から不振で、プロ入り初の二軍降格も経験した。4000万円ものダウン提示に対し、「本当に、妥当かな、と…」と答えただけ。1億2000万円でサインした。3勝5敗(11試合)、防御率4・12、“エース”として「物足りない」のひと言では済まされない大不振だった。

「秋季キャンプでも、腕の振りについて色々と注意を受けていました。四死球連発で精神的にもまいってしまい、彼も言っていた通り、技術的な狂いを取り戻せませんでした」(在阪記者)

 そんな藤浪に対し、キナ臭い情報も飛び交っていた。「トレード要員」、長い不振から脱出できなければ、「環境を変えてやる」の名目で放出してしまう意見が出ているのだという。

 来春キャンプで「レギュラー特権」を剥奪、つまり、先発ローテーション入りを前提としたマイペース調整は認めない。他投手と一軍当確を争い、オープン戦で結果を残せなければ、二軍に行ってもらうというもの。この時点で復活の兆しが見られなければ、他球団放出となるのだそうだ。

「いや、金本(知憲=49)監督が就任する直前でした。15年シーズンが終了してすぐ、藤浪は地元メディアのインタビューを受け、近年続いていたシーズン終盤での失速について答えています。ベンチ全体が暗い雰囲気になること、選手が下を向いてしまう現状を変えたいと訴えていました。そのときのインタビュアが矢野燿大二軍監督ですよ。矢野氏のコーチ入閣はもちろん、金本監督の就任の話すらまだ出ていなかった時期でした。矢野氏はコーチ入閣と同時に藤浪の向上心の高さを金本監督に伝えています。金本監督は打撃陣の強化ばかりを話してきましたが、藤浪をチームの中核に据えるつもりでした」(球界関係者)

 こうした否定コメントも聞かれたが、今オフは大型トレードが成立しやすい状況にもある。まず、埼玉西武の山川穂高(26)がアヤシイ。山川は契約更改で提示された金額が自分の予想を大きく下回るとし、「予定している額よりも下ならば、絶対に(印鑑を)押さない」と憤っていた。今季の山川は規定打席には届かなかったものの、打率2割9分8厘、23本塁打、61打点を挙げた。2位争いの佳境となった9月からは4番を任されており、「チームに貢献できた」との思いも強かった。提示額が前年度年俸の1600万円からの倍増に届かなかったとされるが、西武球団はカネでモメる選手がいちばんキライなのだ。チームとして保留者が出たのは7年ぶり、7年前の保留者だった中島宏之、涌井秀章は、最終的にチームを追われている。たとえ主力であっても、「どうぞ、出て行ってください」の空気を作られたら、新天地を探すしかないだろう。

 また、ブキミなのが北海道日本ハムだ。栗山英樹監督(56)はペナント奪回には中田翔(28)の復活が不可欠とし、打順を2番に変える私案を話していた。中田は最後までFA宣言をするかどうかで迷っていた選手だ。

「日ハムはGM制が機能しているチームであり、選手の補強、編成の権限はフロントにあります。糸井嘉男をトレード放出したのは、契約更改の席でメジャー挑戦の意向をいきなり切り出し、年俸面でもモメたからとされています。栗山監督は糸井放出を全く聞かれていませんでした」(前出・同)

 こうした前例を考えると、栗山監督はこの時期にあえて中田の名前を挙げることで、フロントに「彼を放出しないでくれ」と訴えていたのかもしれない。

 藤浪を放出するとしたら、獲得する側の球団もそれ相応の選手を出さなければならない。思えば、藤浪は二刀流・大谷翔平の同級生であり、プロ入り当初は甲乙つけがたいライバルと目されていた。この2年間の不振で大きく差をつけられてしまったが、投手としての将来性はメジャースカウトも認めていた。突き放すことで「這い上がって来い」と厳しく指導するのも間違ってはいないが、2年続けての不振であり、阪神首脳陣は救いの手を差し伸べてもいいのではないだろうか。

「コーチが『ここが悪いから、こう直せ』というのは簡単。本人が気づかなければ、本当の意味での弱点克服とはなりません。それができず、気づかないまま辞めていく選手が圧倒的に多いんですが」(プロ野球解説者)

 ライバルに水をあけられた藤浪が復活できなければ、トラの優勝はない。

http://wjn.jp/article/detail/9349618/
http://images.wjn.jp/article/18/9349618-1-1.jpg

続きを読む